Wi-Fi接続するメリットとは何?繋がらないときの原因と対策も解説

更新日:


スマホやタブレットをはじめとして、様々な機器を手軽にインターネットに接続できるのが「Wi-Fi」という無線通信です。
Wi-Fiでスマホやタブレットを接続するのはどのようなメリットがあるのでしょうか。

また、Wi-Fiに繋がらなくなったときはどうしたら良いのでしょうか。

Wi-Fiのメリットや接続トラブルの対策について解説していきたいと思います。

スマホやタブレットをWi-Fi接続するメリット

今やスマホ・タブレットはもちろんのこと、ゲーム機や家電までインターネットに接続されるのが普通になりました。
この状況を実現しているのが無線通信技術ですが、そのなかで現在最も普及しているのが「Wi-Fi」です。

それでは、有線でのインターネット接続に対してWi-Fiでの接続にはどのようなメリットがあるのかについて、具体的に紹介していきます。

Wi-Fiを使えば家の中のどこにいてもインターネットが使える

Wi-Fiは無線通信なので有線LANなどと異なり、複数の機器を接続しても線が絡み合うことがありません。
また、パソコンやタブレットなどをいろいろな場所で利用できます。

光回線など有線の固定インターネット回線を使う場合でも、Wi-Fiルーターを経由することでこのような使い方が可能です。

最近では、NECの「らくらく無線スタート」ボタンのように、ボタンを押すだけで自動的に接続のセットアップが完了するルーターもあります。
ほとんど知識のない人でも、簡単にセットアップできるでしょう。

外でも使える「ポケットWi-Fi」を使えばもっと便利に

WiMAXやYahoo! WiFiなどのポケットWi-Fiのサービスに加入すると、さらに使用範囲が広がります。
通信対応エリアであれば、自宅でも外出先でもインターネットが利用できるのでとても便利です。

たとえば、自宅だけでなくお気に入りの喫茶店でインターネットを楽しむことなどもできます。また、出張の多い方の場合は出先でもインターネットが使えてとても便利です。

WiMAXやYahoo! WiFiなどのWi-Fiサービスの場合、インターネット環境を簡単に手に入れられるがメリットの1つといえます。

光回線などのインターネットサービスの場合、自宅に光ファイバーを配線しなければならないため工事が必要です。
一方、WiMAXやYahoo! WiFiなどのポケットWi-Fiサービスの場合、サービスに加入し、ルーターをセットアップするだけでインターネットに接続できるようになります。

そのため、非常に短期間でインターネットが使えるようになるのが魅力です。
また、引っ越しをする場合にも、小型のポケットWi-Fiルーターを持ち運ぶだけで済みます。

同時に、節約の面でもこれらのWi-Fiサービスを使うことはメリットがあります。
スマホで高画質の写真や動画を見たり、システムのアップデートなどを行ったりするときの通信をWi-Fi経由で行うのです。

通信量が多いこれらの作業をWi-Fi経由で行うことで、スマホのプランをより安いプランに変更できます。
WiMAXやYahoo! WiFiなどのサービスには通信容量無制限のプランもありますから、これらとスマホのプランとを上手に組み合わせれば、簡単に節約ができるでしょう。

>>格安SIMとポケットWi-Fiを併用して賢く節約するには?

Wi-Fiが繋がらない原因と対策(電波が立っていないとき)

Wi-Fiが繋がらない原因はさまざまです。そのため、まず、電波が立っているか立っていないかで問題をおおまかに切り分けてみましょう。
ここでは、電波が立っていないときの原因と対策を解説します。

ポケットWi-Fiの場合は「エリア」に注意しよう

電波が立っていない場合、Wi-Fiがインターネットに繋がらない原因としてまず考えられるのは、サービス対応エリアでない可能性です。都心ならば、対応エリア外ということはまずありませんが、地方などで使用している場合は対応エリアかどうかをチェックしてみてください。各サービス会社のサイトには全国各地の対応エリア情報が掲載されています。

WiMAXの場合、WiMAX回線が対応していないエリアでは、au4GLTE回線に切り替えることが可能です。
au4GLTE回線はWiMAX回線に比べて対応エリアの範囲が広く、スマホや携帯が繋がる場所であればどこでも利用可能です。

この場合、au4GLTE回線に切り替えることでインターネットに繋がるようになるかもしれません。
ただし、au4GLTE回線が利用可能なルーターやプランである必要がありますし、通信量によっては速度制限を受ける場合もあります。
切り替える前に、事前に内容を確認しておいてください。

地下や屋内だと繋がりにくいことも

次に疑わしいのは、障害物によって電波状況が悪いことです。
地下鉄などでも小型の基地局が設置されていることが多いですが、Wi-Fiはもともと障害物に弱い性質があるので、場所によってはどうしても電波状況が悪くなることがあります。
場所を移動してみたり、野外に出てみたりすることで電波が立つなら、障害物が原因である可能性が高いでしょう。

場所を移動する以外の対策は、電波の周波数帯を変更してみることです。
WiMAXの場合は2.4GHzと5GHzの2種類の電波を選択できます。障害物に強い2.4GHzを選択すれば、通信速度はわずかに落ちますが、電波状況が改善される可能性があります。

また、電波干渉によって繋がらなくなることもあります。
2.4GHzは障害物に強いですが、この周波数帯を使用している機器が非常に多いため、干渉しやすいのも特徴です。
電波干渉が疑われる場合には5GHzに変更してみてください。

原因がよくわからないときは、ルーターを再起動してみましょう。
再起動によって接続がリセットされるため、Wi-Fiが繋がるようになることがあります。

>>Wi-Fiの速度が遅い…そんなときにチェックして欲しいポイント5つ

Wi-Fiが繋がらない原因と対策(電波が立っているとき)

次に「Wi-Fiの電波は立っているのになぜか繋がらない場合」の原因と対策について解説していきます。
考えられる原因としては以下の

みんなが集まるところだと「パケ詰まり」が起きやすい

電波状態が良いにもかかわらず、Wi-Fiが繋がらないことがあります。
このような状態になる原因の1つがいわゆる「パケ詰まり」です。

パケ詰まりはインターネットにつなぐための基地局が混雑しているときに発生する現象です。

たとえば、大勢の人が集まるイベント会場などでは、同じ基地局を利用するユーザーが非常に多くなるため、パケ詰まりが発生しやすくなります。

ルーターに接続する機器が多いのもWi-Fiが繋がらない原因になりますが、この現象の特徴は、動作が遅いものの通信はできているということです。

たとえば、複数人で同じWi-Fiルーターに接続している場合、ある人が大容量のファイルをダウンロードしているときに他の人の通信が遅くなることがあります。

速度制限がかかってしまうとほとんど使えないので注意

WiMAXやYahoo! WiFiなどのWi-Fiサービスにある「速度制限」もWi-Fiが繋がらないと感じる原因です。

加入したサービスのプランによって決められた通信量に達すると、通信速度が速度制限によって非常に遅くなります。

Yahoo! WiFiの「おてがるプラン」では、当月のデータ通信量が5GBを超えた場合、当月末まで最大通信速度が送受信時128kbpsに制限されるというルールです。

また、WiMAXでは当月のデータ通信量が7GBを超えた場合、当月末まで128kbpsの速度制限がかかるプランがあります。

128kbpsという通信速度は、インターネットサイトを1ページ閲覧するのにも数十秒かかるほどの遅い速度です。
動画の視聴などはほぼできないため、Wi-Fiが繋がらなくなったと勘違いしても不思議ではありません。

通信はできているが、非常に通信速度が遅い場合には、速度制限をされていないかのチェックもしてみましょう。

速度制限されないためには、通信容量無制限のプランに加入しておくのが最も確実です。

無制限のプランにも速度制限がある

しかし、通信容量無制限のプランであっても速度制限は存在します。
たとえば、WiMAXでは3日間で10GBを超える通信を行った場合、通信速度がしばらくの間、約1Mbps(1,000kbps)に制限されます。

128Kbpsに比べれは通信速度が速く、ネットサーフィンやテキストメールの送受信などには困りませんが、
普段に比べて通信速度が著しく遅くなったと感じるはずです。このような状態になったときも、速度制限されていないか確認してみてください。

セキュリティソフトの機能でWi-Fiが無効になっている可能性も

また、Wi-Fi関連以外の要因で、Wi-Fiが繋がらなくなるケースもあります。

よくある例が、セキュリティソフトの動作によって、Wi-Fiが繋がらなくなる現象です。

セキュリティソフトが原因の場合、「Google」や「YouTube」など有名サイトの閲覧は問題なくできますが、特定のサイトやアプリに繋がらなくなるなどの状態になるケースが多いといわれます。
これは、ウィルスに感染したり情報が盗まれたりするのを防ぐセキュリティ機能が働いているからです。

この現象の対応策として「セキュリティソフトを一時的に無効にする」や「ファイアウォールを無効にする」などの方法を勧める人やサイトも存在します。

しかし、安全が確認しているサイト以外では、セキュリティリスクが高まることは否めません。

また、設定を無効のままにして、そのまま忘れてしまうリスクもあります。
そんなことが起きないようにするためにも、セキュリティに対する知識がない人は、無闇に設定を変更はしないほうが良いでしょう。

このような現象が頻繁に発生して困っている場合は、1人で考えてどうこうするより、素直にセキュリティに詳しい人やセキュリティソフトのサポートなどに相談したほうが安全です。

Wi-Fiをより快適に使うためにトラブルシューティングも知っておこう!

最も普及している無線通信であるWi-Fiは、配線工事が不要で機器も選ばずインターネットに接続できるのがメリットです。

WiMAXやYahoo! WiFiに加入すれば、自宅だけでなく外出先でもインターネットが楽しめます。

この記事で紹介したようなWi-Fiに繋がらなくなったときのトラブルシューティングの知識を事前に入れておけば、手軽で便利なWi-Fiをより快適に利用できるはずです。

-コラム

Copyright© Wi-Fiネット , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.