Wi-FiとWiMAXの違いとは?2つの違いについて徹底解説!

更新日:

引越しを機にインターネット環境を整えたいと思っている人や、外出先でもインターネットを利用したいと考えている人も多いでしょう。

ここでは、インターネットに接続するための方法としてよく耳にするWiMAXとWi-Fiのそれぞれの違い、メリットとデメリットについて紹介していきます。

そもそも「Wi-Fi」や「WiMAX」ってなに?

Wi-FiやWiMAXという言葉は、それぞれ無線LANに関する長い言葉の略称です。

まず、WiMAXは「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の略称で、これを日本語に訳すと「マイクロ波アクセスのための世界的な相互運用性」となります。

これだけ聞くと何のことかさっぱりですが、ざっくり言うと
「離れたところでも、パソコンやタブレットでネットが使えるようにするために作られた、色んな国で使えるネットの規格」ということになります。

次に、Wi-Fiは「Wireless Fidelity」の頭文字をとった言葉です。
この言葉の意味を直訳すると「忠実な無線」になりますが、実はその正式名称は後付けであったとされることから深い意味はないようです。

Wi-Fiは無線LANに関する登録商標であり、無線LAN機器同士の接続を保証するブランドであるという捉え方でよいでしょう。

Wi-FiとWiMAXの違いは「通信方法」

両者の具体的な違いは通信方法にあります。

まず、インターネットの通信方式には、広く離れたネットワークを結ぶ「WAN(Wide Area Network)」と、自宅やオフィスなど限定的な範囲でネットワークを結ぶ「LAN(Local Area Network)」があります。

WiMAXは前者のWAN技術であり、外出先でも問題なく広いエリアで使うことができます。

一方、Wi-Fiは後者のLAN技術となり、上記で述べた通り、自宅やオフィスなど
電波が届く限定的な範囲の中で使うことができます。

「WAN」も「LAN」もつなぐ先は同じインターネットですが、通信方式に違いがあるということです。

Wi-FiとWiMAXそれぞれのメリット・デメリットは?

上記の通り、Wi-FiとWiMAXは通信方法が異なり、それによって電波の届く範囲が違うのですが、もちろん、この2つの違いはそれだけではありません。

ここからはWi-FiとWiMAXのメリット・デメリットについて詳しく説明していきます。

WiMAXは「手軽さ」と「持ち運べる」のが最大のメリット

ポケットWi-Fiとも呼ばれるWiMAXのメリットは、スマートフォンの回線と比べると速度が速いこと、さらに対象エリアが広いことが言えます。
そのうえ光回線などの配線工事が不要で、ルーターさえ用意すればどこでもインターネットを利用できます。

その接続方法も簡単で、スマートフォンやパソコンにアクセスキーを入力するだけで設定が完了となります。
無線ルーターには持ち運びしやすいコンパクトなものから、コンセントに挿す据え置きタイプのものまで、さまざまな形状のものがあります。

無線ルーターを持ち運びさえすれば、どこでも利用できるので、特に外出先での利用に適しています。
地下鉄でも使えることから、旅行先や通勤通学中、ビジネスシーンでは商談にもおすすめです。

そして、一般的に光回線の料金は、プロバイダ料込みで月額5,000円~6,000円程度となっていますが、WiMAXなら月間通信制限なしのプランでも4,000円前後で利用できますので利用料金を抑えることが可能です。

場所によって接続が安定しなかったり、壁や障害物に弱いという面も

デメリットは障害物に弱く、壁や家具などの位置で電波に影響が出る点が挙げられます。

無線ルーターを設置した部屋から離れた場所で利用するために壁で遮られたり、1階と2階など階が離れたりすると使いづらくなることがあります。

そのため、自分がどこでインターネットを利用することが多いのか利用環境をきちんと見極める必要があります。

Wi-Fiは「安定性」と「接続できる台数が多い」のがメリット

一方、Wi-Fiのメリットとして挙げられるのは、自宅やオフィスの既存の回線を利用し、複数台接続できる点です。
すでに工事を行って光やADSLなどの回線を引いてあり、別の階や別の部屋での利用を検討している人は、無線ルーターさえ設置していればインターネットを利用できます。

また、カフェやショッピングモール、レストランなど至るところに公衆無線LANサービスと称されるWi-Fiスポットが用意されています。

外出時に無料でインターネットにつながるWi-Fiスポットがあれば重宝するでしょう。
ただし、公衆無線LANサービスには有料のものや会員登録が必要な場合もあります。

固定回線を使うため、費用はかかりがち

デメリットとしては、既存の回線を持っていない場合は工事をして回線を引かなくてはならないため、工事費用など初期費用がかかってしまうことが挙げられます。

屋内配線の新設を伴う場合は20,000円弱の工事費用がかかる可能性があるので頭に入れておきましょう。

また、配線工事自体が可能な物件かどうかも調べる必要があります。
それ以外の注意点として、街での無料Wi-Fiを利用する際は個人情報を盗まれる危険性もあります。

信頼できる運営者であるか見極めてから利用するようにしてください。

いったいどちらを選ぶべき?

WiMAXとWi-Fiのそれぞれにメリット、デメリットがあることがわかりました。
それでも自分はどちらを選ぶべきなのか悩んでいる人もいるでしょう。

これからインターネットを始めるなら工事不要のWiMAXがおすすめ

自宅や引越し先に既存の配線がない人は配線工事が不要で手軽に利用できるWiMAXをおすすめします。

外出が多い人や、通勤通学中に動画を観たり、音楽を聴いたりしたい人は無線ルーターを持ち運ぶことでストレスなくインターネットを利用できます。
そのほかにも、車に乗るときや旅行先に無線ルーターを持っていくことで行先を調べたり、旅先で撮った動画をアップロードしたりするのにも便利です。

自宅だけでなく、外出先でのインターネットの利用率が高い人はぜひWiMAXを検討してみてください。

既存の固定回線がある人はWi-Fiがおすすめ

実家など既存の配線が確保されている家に住んでいる人はWi-Fiをおすすめします。

既存の回線を利用するので電波が届く範囲であり、すでにWi-Fiの無線ルーターを設置しているのであれば、スマートフォンやパソコンから設定するだけでインターネットを利用できます。

しかし、利用する部屋がWi-Fiの届かない場合は、電波を安定させるために「中継機」の設置が必要となります。
この中継機は無線ルーターの親機と電波の届かない部屋の中間地点に設置することで、電波の届く範囲を広げられます。コンセントに挿すだけで設定できる手軽な中継機が増えているため、人気となっています。

Wi-FiやWiMAXはスマホの通信量を節約するのにも便利

WiMAXとWi-Fi、どちらを利用するにしてもスマートフォン回線との併用をする人が大半ではないでしょうか。

スマートフォンは契約によって利用できる通信量が限られているので、容量の大きいアプリをダウンロードしたり、長時間動画を観たり音楽を聴いたりすると通信速度に制限がかかり、極端に遅くなることがあります。
その点、スマートフォンからWiMAXやWi-Fiを使用すると、通信量を気にすることなくインターネットを利用できますし、接続スピードの向上も期待できます。

WiMAXを利用する人はルーターを持ち歩けばスマートフォンの通信料を抑えられますし、Wi-Fiを利用する人は家ではWi-Fiにつなげば同じくスマートフォンの通信料を抑えられます。

スマートフォンによっては回線を見つけて自動的に通信方式を切り替える設定もあるので便利です。
いつもスマートフォンの通信料の制限にかかってしまい、通信料を気にしながらインターネットを利用している人にとって朗報ですね。

自分に合ったサービスを選択しよう

インターネットが便利になる一方で、さまざまな用語が行き交い、なんだかよくわからないままにサービスを利用している人も多いのではないでしょうか。それゆえにインターネットの利用にストレスを感じたり、損をしたりするかもしれません。自分がどのようにインターネットを利用したいのかをよく考えて、自分の利用状況に合ったサービスを検討し選択してください。

-コラム

Copyright© Wi-Fiネット , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.