速度制限のあるポケットWiFi9社の条件をまとめて解説

更新日:

ポケットWiFiと聞いてまず思い浮かぶものはなんでしょうか?
そうです、速度制限です。

速度制限かかるとイライラしますよね。

・自分の今使ってるポケットWiFiはどういう時に速度制限かかるんだろ?

・速度制限がかかったので今すぐどうにかしたい

・ネットをたくさん使う自分はどれ選んだらいいんだろう?

今回はこうした悩みを持った方向けに発信していきたいと思います。

速度制限の条件はポケットWiFiのサービスによって大きく違うため把握するのが難しく、速度制限がかかってしまうとサイト1つ見るのも大変なほど遅くなってしまいます。

速度制限のあるポケットWiFiサービス9社をまとめたので、参考にしてみてください。

ポケットWiFi別の速度制限比較表

それではポケットWiFi別の実際に使えるデータ量と条件を見ていきましょう。

全てのプランのデータ量を載せると見にくくなってしまうので、ここでは1番データ量の多いプランのみを表示します。

詳しいプラン別のデータ量については各見出しで確認してください。

サービス名 使えるデータ量
WiMAX 10GB/3日
NEXTmobile 50GB/1ヶ月 → 無制限
縛りなしWiFi 2GB/1日
Chat WiFi 300GB/1ヶ月
C mobile 2GB/3日
Mobile J 150GB/1ヶ月
au 10GB/3日
softbank 50GB/1ヶ月
docomo 30GB/1ヶ月

ちなみにですが、見るサイトによってデータ量に関する表記に大きな差がありますが、どこから申し込んでも条件が変わることは絶対にありません。

たとえば、WiMAXは【月間のデータ量上限は無し】ですが【3日間でのデータ量による制限】はあります。

こうした理由で、【WiMAXのギガ放題プランなら無制限で使い放題!】と書いてあったとしても、そこから申し込んだとしても残念ながら無制限で使えるわけではないので注意しましょう。

WiMAXはどこのプロバイダを選んでも条件は同じ

プラン名 使えるデータ量 速度制限時
ギガ放題プラン 10GB/3日 1Mbps
(1000kbps)
7GBプラン 7GB/1ヶ月 128kbps
その他の条件

・ハイスピードプラスエリアモードに設定した状態で7GB/1ヶ月以上使う

WiMAXと聞いてまず思い浮かぶのがUQ WiMAXだと思いますが、他にもBroad WiMAXやGMOとくとくBB WiMAXなど、UQ WiMAXからインターネット機器を借りてサービスを提供しているプロバイダが数多く存在します。

ですが、どれを選んでもギガ放題プランの条件や通信品質は変わらないので、そこに関しては気にしなくてもOKです。

注意するのは、モバイルルーター側で設定できる【ハイスピードプラスエリアモード】で、この状態で7GB以上使うとギガ放題プランでも関係なく128kbpsに制限されます。

ハイスピードプラスエリアモードの詳しい切替方法については以下の記事に書いてあるので参考にしてみてください。

WiMAXが繋がらない時に試してほしいルーター設定5つ

NEXTmobileは11月に速度制限のないプランが登場

プラン名 使えるデータ量 速度制限時
フラット20GBプラン 20GB/1ヶ月 128kbps
フラット30GBプラン 30GB/1ヶ月 128kbps
使い放題プラン 無制限 なし
その他の条件

なし

NEXTmobileはもともと50GBまでのプランを扱っていたのですが、11月末についに無制限プランを出しました。

そのため、現在では20GB、30GBプランを選ばない限りは速度制限がかかることはありません。

新プランの詳細については以下の記事をご覧ください。

【新プラン追加で今凄い!】NEXT mobileの評判と特徴について解説

縛りなしWiFiは2GB/1日【それ以外の条件もあり】

プラン名 使えるデータ量 速度制限時
縛っちゃうプラン 2GB/1日 128kbps
縛りなしプラン 2GB/1日 128kbps
その他の条件

・届く端末によって速度制限がかかった状態のものが届くとの口コミもあり

公式サイト上では通信容量制限なしとしていますが、実際には2GB/1日の速度制限があります。

また、モバイルルーターがレンタルなせいか中古が送られてくる可能性があり、ネット上ではすでに速度制限がかかった状態の端末が送られてきたという口コミがけっこう多いです。

これから契約しようと思っているのであればちょっと気をつけたいポケットWiFiです。

C mobileは2GB/3日

プラン名 使えるデータ量 速度制限時
5GBプラン 5GB/1ヶ月 128kbps
無制限プラン 2GB/3日 128kbps
その他の条件

・なし

公式サイトには特に表記がありませんが実際には2GB/3日の制限があり、ややきつめです。

docomoの回線が使える珍しいサービスですが、1日あたり1GBも使えないため使える人は限られます。

すでに速度制限がかかっている場合はレンタルWiFiで乗り切るべし

これを言ってしまうと見もふたも無いですが、速度制限で困っている場合はレンタルWiFiを使って乗り切るのが1番手っ取り早いです。

というのも、現在のほとんどのポケットWiFiサービスではギガの追加サービスなどがなく、すでに速度制限がかかってしまっている場合は解除されるまでどうにもできないからです。

実際に自分もWiMAXが速度制限かかったことがあって、その時にレンタルWiFiを使いましたがそんなに高くもないですし、なにより速度制限かかったまま使うのが耐えられなかったので満足しています。

中でも安いのがJWiFiで、初回限定のクーポンを使うことで1ヶ月2,600円からレンタルすることができます。

実際に使った感想についても載せていますので参考にしてみてください。

【感想】JWiFiでポケットWiFiをレンタルしたら意外と便利だった

ネットをたくさん使うなら無制限プランのあるポケットWiFiがおすすめです

これからポケットWiFiを契約する人、もしくはもっと条件の良いポケットWiFiに乗り換えたい人でネットをたくさん使うのであれば、素直に無制限プランのあるポケットWiFiを選ぶのがおすすめです。

かつては無制限のポケットWiFiというと料金が高いものが多かったですが、最近ではMugen WiFiどんなときもWiFiが出たあたりからどんどん安くなっており、今ではどれも3,000円台と他のポケットWiFiと差がないほどにまで料金が落ち着いています。

無制限ポケットWiFiサービス 料金
NEXTmobile 3,100円
Mugen WiFi 3,280円
どんなときもWiFi 3,480円
よくばりWiFi 3,450円

今WiMAXで1番安いBroad WiMAXでも月額3,411円ですから、そこから比べてもこれらのサービスがどれくらいすごいか分かるかと思います。

これらは安いのはもちろんですが繋がりやすさも安定していて、どれもSoftBank回線もしくは3社切り替えのトリプルキャリアを採用しています。

そのため、無制限の代わりに繋がりにくいどころか、むしろ繋がりやすくなっていて、これからポケットWiFiを契約するならほぼ一択状態となっています。

無制限ポケットWiFiについては以下の記事に詳しくまとめてあるので、よければ参考にしてみてください。

格安のポケットWiFi12社を徹底比較!ネット費用を賢く抑えるための選び方
The following two tabs change content below.
アバター

小林

節約が好きで、生活の中で日々いろんな費用を抑えることを考えて生きています。 もともと光回線を使っていましたが、ポケットWiFiのほうが料金含めて様々なメリットがあることが分かったため、半年前にWiMAXに乗り換えました。 ゲームも好きで、暇があればスマホをいじってたりします。

-ポケットWiFi

Copyright© Wi-Fiネット , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.