口座振替で支払えるポケットWi-Fiサービス比較5選!おすすめはこれ

更新日:

・どこもクレジットカード払いしかできないけど、口座振替できる良いポケットWiFiってないのかな?

・口座振替にすると何かデメリットってあるの?

この記事は、こうした疑問を持っている方向けの内容になっています。

ポケットWiFiの契約を考えている人の中には、クレジットカードを使いたくないという人もいるでしょうし、特にデメリットがなければ口座振替を選びたい人も多いかと思います。

今回は口座振替ができるおすすめポケットWiFi5社と、口座振替で支払う際の注意点・デメリットをまとめてみました。

※クレジットカード支払いを含めた格安ポケットWiFiの比較はこちらの記事をご覧ください

>>格安のポケットWiFi12社を徹底比較!ネット費用を賢く抑えるための選び方

ポケットWiFiの口座振替ってどういうもの?

指定の銀行口座から自動で引き落としてくれるシステムのことです。

通常であればクレジットカード会社が先に料金を立て替えてから、後日その料金がカードの口座から引き落とされます。

それに対し、口座振替の場合はポケットWiFiの引き落とし日に登録した銀行口座から直接料金が引き落とされます。

クレジットカードの作成には審査があるので、人によってはクレジットカードを持っていない、作れなかったという人もいると思います。
そうした場合に、クレジットカードを使わずにポケットWiFiを使えるのは大きなメリットです。

また、クレジットカードを持っている場合でも既に限度額ギリギリだったり、クレジットカード自体を使いたくないという人もいますので、そうした方にとってもおすすめです。

支払い用の口座を別で作りたい場合は、ローン機能なしの普通預金口座なら楽天カードジャパンネット銀行などで無料で簡単に作れるので、作っておくと便利です。

ポケットWiFiを口座振替にする場合の注意点について

口座振替でポケットWiFiを契約する場合の注意点は以下の3つです。

・引き落とし日に口座の預金が足りなかった場合、サービスが停止される

・一部プランが選べなかったり、料金が高くなったりする

・手続きがいろいろと面倒

口座振替で契約した場合は、引き落とし日に必要な金額が入っているかどうかのチェックは忘れないようにしましょう。

クレジットカード払いと違い、クレジットカード会社が先に立て替えてくれることもないので、金額が足りなくて引き落とせない場合はポケットWiFiの通信が停止することがあります。

また、口座振替の場合は振替手数料が毎月200円~500円発生したり、お得なプランが選べなかったりするので、特に上手く選ばないと損をしやすいです。

契約の手続きに関してもネット上のみで済ませることができないため、郵送で送られてきた書類に銀行印を押さなければいけなかったりと少し面倒です。

口座振替ができるポケットWiFiを比較

口座振替ができるポケットWiFiとなるとかなり数が限られますが、それでも無制限のものを含めて様々なものが選べます。

月額 データ量 口座振替
手数料
どんなときもWiFi 3,480円 無制限 500円
Fuji WiFi 2,480円~3,980円 25GB~無制限 無料
NEXTmobile 2,400円~2,700円 20GB~30GB 200円
Borad WiMAX 3,411円 10GB/3日 無料
(初期費用18,857円)
UQ WiMAX 3,880円 10GB/3日 無料
(初期費用15,000円)

どんなときもWiFi

プラン 月額(手数料含む) 初期費用
無制限 3,980円 3,300円

今のところ口座振替で使えるポケットWiFiの中ではどんなときもWiFiが1番使い勝手が良いです。

口座振替の場合は手数料がかかるものの、無制限で使える上にこれといった縛りもなく、なにより口座振替でも新品の端末が使え、端末代金もかからないのが大きいです。

モバイルルーターもトリプルキャリア対応で繋がりやすく、ネットも安定して使えるのでおすすめです。

Fuji WiFi

プラン 月額(手数料含む) 初期費用
25GB 2,480円 3,000円
50GB 2,980円
100GB 3,480円
無制限 3,980円
WiMAXプラン
(10GB/3日)
3,200円

口座振替ではありませんが、Fuji WiFiであればアプリ経由でコンビニ支払いができます。

コンビニ支払いでも料金が上がったり手数料がかかることもないので便利ですが、1年間分まとめて支払うと500円程度安くなるおまとめ支払いができません。

そうした点が気になる場合は、おまとめ支払い関係なく料金が均一なWiMAXプランがコスパが良いのでおすすめです。

マイナス点は端末が中古のレンタルであるというところ。型式についても若干古いものが多いのでそこだけは注意が必要です。

NEXTmobile

プラン 月額(手数料含む) 初期費用
20GB 2,600円 3,000円
30GB 2,900円

最近になって無制限プランが追加されて一気に使いやすくなった今注目のポケットWiFiです・・・が、口座振替の場合は無制限プランを選ぶことができません。

料金はやや安いですが、Fuji WiFiと比べると料金・使えるデータ量の面で見劣りする部分があります。

Broad WiMAX

プラン 月額 初期費用
ギガ放題
10GB/3日
3,411円 18,857円
ライト
7GB/月
2,726円

口座振替に対応した数少ないWiMAXプロバイダです。

ギガ放題プランが使えて月額3,411円とコスパの面では良いですが、口座振替だと端末代金がすべて乗っかってくるため2万円近くとかなりかかります。

UQ WiMAX

プラン 月額 初期費用
ギガ放題
10GB/3日
3,880円 15,000円

本家のUQ WiMAXも口座振替に対応しています。

ですが、Broad WiMAXと同様、初期費用に端末代金が全て乗っかってくるため口座振替での利用は難しいでしょう。

口座振替で使うなら「どんなときもWiFi」か「Fuji WiFi」の2択

結論としては、口座振替でポケットWiFiを使うなら、どんなときもWiFiFuji WiFi2択じゃないかなと思います。

口座振替だとプランの縛りや初期費用の高額な上乗せが出てくる関係から、自然とおすすめできるポケットWiFiはここら辺にしぼられてきます。

どんなときもWiFi:トリプルキャリア&無制限でかなり使いやすい

Fuji WiFi:契約期間がなく、プランが選べて料金が抑えやすい

どんなときもWiFiの場合はルーターも新品で全体的なスペックも良く、コスパも良いのが特徴です。

対してFuji WiFiの場合は、中古のレンタルであるため端末は状態はマチマチではあるものの、料金が安いです。

無制限でなくても良い方や、とにかく料金が安いほうが良い方におすすめです。

The following two tabs change content below.
アバター

小林

節約が好きで、生活の中で日々いろんな費用を抑えることを考えて生きています。 もともと光回線を使っていましたが、ポケットWiFiのほうが料金含めて様々なメリットがあることが分かったため、半年前にWiMAXに乗り換えました。 ゲームも好きで、暇があればスマホをいじってたりします。

-ポケットWiFi比較

Copyright© Wi-Fiネット , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.