Broad wimaxを解約して再契約するのは本当にお得?キャンペーンや割引は適応されるのか調べてみました

更新日:

Broad wimaxは、お得にモバイルWi-Fiが使えることで人気のwimaxサービスです。

大きな特徴の一つに、解約と再契約が何度でも自由に行えるという点があります。

しかし、わざわざ手間をかけて再契約したとしても、キャンペーンや割引が適用されない場合はお得になりませんよね。

そこで、Broad wimaxを解約して再契約したときにキャンペーンや割引が適用されるかどうかについて調べてみました。

そもそもBroad wimaxの割引サービスとはどんなもの?

wimaxとは、UQコミュニケーションズが提供するモバイルWi-Fiサービスです。

wimaxを利用する場合、一般的にUQと直接契約するよりもプロバイダと呼ばれる販売代理店を通して契約したほうが安く使えます。

利用する通信回線そのものはUQ wimaxとまったく同じなので、割安だからといって品質が劣るということはありません。

Broad wimaxは、数あるプロバイダのなかでも特に格安な月額料金でwimaxが使えることで高い人気を誇ります。

なぜなら、24カ月目まで「おトク割」の500円(税抜き/以下同様)と「にねん割」の100円を合計した600円が月々の利用料金から割引されるからです。

割引サービスはライトプランとギガ放題プランどちらでもOK!

Broad wimaxの料金プランは「ギガ放題プラン」と「ライトプラン」の2通りです。

このうち、「ライトプラン」とは月間7GBまでネット利用ができる制限付きのプランで、基本料金は3,326円となっています。

ところが、600円割引が24カ月間適用になるため、2年間は2,726円で利用できるのです。

25カ月目以降は割引がなくなり利用料金は3,326円になります。一方、利用制限のない「ギガ放題プラン」の基本料金は4,011円です。

しかし、課金開始月を含めた最初の3カ月間は1,285円の割引が適用されるので、利用料金は「ライトプラン」と同じ2,726円になります。

ちなみに、課金開始月の料金は日割り計算で求めます。

課金開始月の翌月を1カ月目としてカウントした場合、3~24カ月目までは600円割引の対象なので利用料金は3,411円となり、25カ月目からは割引がなくなって4,011円に上がる仕組みです。

Broad wimaxの初期費用無料キャンペーンの適用条件は?

Broad wimaxを利用するにあたって知っておきたいポイントの一つに、「キャンペーンを使わないと高額な初期費用がかかる」という点があるでしょう。

2019年4月時点での初期費用は18,857円と高額です。

これを無料にするには、以下のような3つの条件を満たす必要があります。

利用料金をクレジットカードで支払う
契約時2つのオプションに加入する
Webから申し込みをする

Broad wimaxの支払いではクレジットカードのほかに口座振替も使えますが、口座振替を選ぶと初期費用無料キャンペーンの対象になりません。

また、契約時に「安心サポートプラス」(月額550円)と「My Broadサポート」(月額907円)という2つのオプションをつける必要があります。

これらのオプションはWi-Fi端末が届いたらすぐに解除しても問題ないものの、うっかり解除を忘れてしまうと毎月1,457円も余計にかかってしまうので注意しましょう。

解約して再契約した場合でも割引とキャンペーンは適用される◎

Broad wimaxは基本的にいつでも自由に解約や再契約が可能です。

再契約でも新規契約とまったく同様に、割引料金や初期費用無料キャンペーンが適用されます。

他社のサービスでは再契約が割引やキャンペーンの対象にならないケースも少なくありません。

その点、Broad wimaxは長期利用者にお得なサービスといえるでしょう。

600円割引がなくなって利用料金が上がるのは25カ月目からなので、2年間使ったら解約して再契約したいと考えている人もいるかもしれません。

しかし、契約更新月ではないタイミングで解約すると多額の契約解除料が発生することがあるため注意が必要です。

契約更新月以外だと解除料がかかるので解約タイミングに注意

Broad wimaxを解約するとき、契約解除料とWeb割キャンペーン違約金という費用がかかってくる可能性があります。

このうち、契約解除料とは契約更新月以外に解約手続きをすると発生する費用です。

12カ月以内の解約では19,000円、13~24カ月以内の解約なら14,000円が請求されるという内容です。

また、25カ月目以降の契約解除料は9,500円となります。

このように、Broad wimaxの契約解除料はかなり高いので、短期間のうちに解約する可能性がある人は注意しましょう。

一方、Web割キャンペーン違約金とは初期費用無料キャンペーンを利用した人が24カ月以内に解約したとき、9,500円を請求される仕組みです。

もしも、キャンペーンを使って利用を始めた人が12カ月以内に解約すると、19,000円+9,500円=28,500円もの費用がかかってしまうのです。

また、再契約にあたっては契約事務手数料3,000円が発生します。

2019年4月時点でWebからBroad wimaxの利用を申し込むと3年契約しか選べません。

そのため、「2年間使った時点で解約して安い割引料金を使うために契約し直す」という方法はあまり現実的とはいえないでしょう。

たとえば、25カ月目に費用を払って解約してから再契約したときの1年目の利用料金を、解約しないで1年間使い続けたときの料金と比較してみます。

解約しなかったときの利用料金は「ギガ放題プラン」の場合、4,011円×12カ月=48,132円です。

一方、解約した場合は、(2,726円×3カ月)+(3,411円×9カ月)+契約解除料9,500円+契約事務手数料3,000円=51,377円となり、決してお得ではありません。

契約更新月を覚えてお得にBroad wimaxを利用しよう

Broad wimaxの割引料金とキャンペーンを賢く利用するには、契約更新月に解約と再契約の手続きをすることがポイントになってきます。

Broad wimaxの解約手続きは毎月25日までと決まっているので、契約更新月の25日までには申し込んでおくことが大切です。

Broad wimaxを短期で解約すると非常に高額な費用がかかってしまうため、導入前にサービス内容をしっかり検討しておきましょう。

契約更新月に解約と再契約の手続きをして、お得な割引料金を利用し続けられるのもBroad wimaxの魅力の1つと言えるでしょう。

The following two tabs change content below.
アバター

小林

節約が好きで、生活の中で日々いろんな費用を抑えることを考えて生きています。 もともと光回線を使っていましたが、ポケットWiFiのほうが料金含めて様々なメリットがあることが分かったため、半年前にWiMAXに乗り換えました。 ゲームも好きで、暇があればスマホをいじってたりします。

-Broad WiMAX, WiMAX

Copyright© Wi-Fiネット , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.