Broad wimaxの速度制限が解除されない時はどうすればいい?対処方法をまとめて解説

更新日:

割安な利用料金でインターネットを楽しめる「Broad wimax」ですが、データ通信量に対する速度制限には注意しなければいけません。

ついデータを使いすぎてしまって速度制限がかかり、なかなか解除されなくて困っている人も多いのではないでしょうか。

今回は、Broad wimaxの速度制限が解除されない時の対処法について、詳しく解説していきます。

WiMAXはプランによってデータ量と速度制限の内容が異なる

Broad wimaxでは、WiMAXの利用にあたって2種類のプランから好きなほうを選ぶことができます。

1つ目は「通常プラン」と呼ばれるものです。

月額料金が割安な反面、月間のデータ使用量が7GBまでと定められています。

2つ目は「ギガ放題プラン」です。

通常プランと比べると月額料金は高くなりますが、データ使用量が3日間で10GBとかなり多くなります。

どちらのプランを利用しているかにより、使えるデータの量だけでなく、速度制限の内容も異なるので注意が必要です。

通常プラン ギガ放題プラン
使えるデータ量 7GB/月 10GB/3日
速度制限のかかるタイミング 使い切ったらすぐ 使い切った次の日の夜のみ
いつまでかかる? 月末まで 1日だけ
どのくらい遅くなる? サイトを見るのも大変 サイトやSNSなら大丈夫

通常プランの速度制限はスマホと同じで月末まで続く

まず、通常プランの場合は月間7GBまでと定められたデータ使用量をオーバーすると、その時点から月末まで速度制限がかかります。

最大でも128Kbpsまでしか通信速度が出ないので、動画の視聴はもちろん無理ですし、サイトを閲覧するだけでもかなりストレスがたまるでしょう。

速度や制限がかかる期間を見ても、かなり厳しい内容となっているので注意しなければなりません。

wimaxは携帯電話のプランのように通信量を追加購入することもできないので、制限がかかる時期によっては長期間不便な思いをしてしまいます。

そのため、通常プランを選ぶ場合はデータを計画的に使う必要があります。

ギガ放題プランの速度制限は通常プランよりけっこうゆるめ

ギガ放題プランの場合、速度制限の内容は通常プランよりも若干緩めです。

「3日間で10GB」という制限が設けられており、これをオーバーすると翌日の18時頃から翌々日の2時頃まで制限がかかります。

たとえ制限がかかっても、通信速度はおおむね1Mbps(1000Kbps)に維持されるため、一般的なサイト閲覧やSNSの使用などであれば大きなストレスを感じることはないでしょう。

ただし、高画質の動画やゲームを楽しむ場合は、動きが遅くなったり途切れたりしてストレスになる可能性もあるのでやはり注意が必要です。

通常プランの速度制限が解除されない場合に考えられる原因

通常プランのデータ使用量7GBを使い切ると、月末まで速度制限がかかります。

本来であれば翌月1日になった時点で制限が解除され、普段通りの高速通信が楽しめます。

ただし、翌月1日の午前0時になった瞬間に制限が解除されるわけではありません。

速度制限がかかっているユーザーごとに順次解除作業が行われていくため、翌月1日になってもしばらく待たなければならないケースもあるのです。

翌月になって数時間も経てば制限は解除されるので、それまで待ちましょう。

もし、1日の朝に速度が遅いままだった場合、速度制限のほかに何らかの原因が考えられるので対処しなければなりません。

原因①端末の速度が遅いままになってるパターン

まず、疑うのは「wimaxの端末に不具合が生じている」という点です。

速度制限を解除されたあと、端末がうまく電波を受信できずに速度が遅いままになっているケースもあります。

そのため、端末の電源を一度オフにし、少し時間をおいて再起動してみましょう。

原因②近くの基地局に問題が起きているパターン

また、端末を持って外出し、「他の場所でも速度が遅いままかどうか」を確認することも大事です。

他の場所では問題なく高速通信が行えた場合、自宅周辺の基地局にトラブルが起きている可能性もあるため、Broad wimaxのサポートセンターに問い合わせてみましょう。

再起動や他の場所で確認しても速度が遅いままだった場合、端末が故障している可能性が高いです。

同じくサポートセンターに連絡し、修理を依頼したり、新しい端末を購入したりしてみましょう。

ギガ放題プランの速度制限が解除されない場合に考えられる原因

ギガ放題プランでは、直近3日間のデータ通信量が10GBを超えた場合に速度制限がかかります。

制限がかかるのは10GBを超えた翌日の18時頃から翌々日の2時頃までであり、実質的には8時間ほどしかありません。

なぜなら、ギガ放題プランの場合は、1日の中でも最もデータを使用するユーザーが多い時間帯に制限をかけ、通信の渋滞を避けるために制限をかけているからです。

この時間帯以外には、多くのユーザーが集中してデータを使うことも少ないため、速度制限の対象外となっているのです。

ただし、場合によっては翌々日の2時を超えてもなかなか速度制限が解除されないこともあります。

原因③サイトに接続されたままの状態で速度制限も解除されないパターン

翌々日の2時を超えてもなかなか速度制限が解除されないような時は、一度セッションを終了させてみましょう。

セッションとは、特定のサイトに接続している期間のことをいいます。

たとえば、2時前から動画投稿サイトで動画を見続けていた場合、セッションが途切れないので速度制限解除がされず、いつまでも速度が遅くなってしまうケースがあるのです。

一度ブラウザを完全に閉じ、再度起動させると速度制限が解除される可能性があります。

中にはブラウザを閉じてもセッションが途切れないこともあるので、念のためwimax端末も再起動させると良いでしょう。

原因④LTE回線で7GB以上通信をしてしまったパターン

また、wimax2+を利用している場合は、「ハイスピードプラスエリアモード」を設定していないか確認することも大切です。

これは、電波状況に応じてwimaxとLTEの通信を自動切替するモードで、端末によっては最初から設定可能になっているものもあります。

設定画面を操作しているうちに、気づかないままハイスピードプラスエリアモードを選択していることもあるのです。

このモードを選んでいると、ギガ放題プランでも月間7GBを超えると月末まで128Kbpsという大幅な速度制限がかかってしまいます。

ギガ放題プランの速度制限では、本来おおむね1Mbpsの速度が維持されています。

「1Mbpsにしては遅すぎる」「いつまで経っても速度制限が解除されない」と感じている場合は、ハイスピードプラスエリアモードになっていないか確認してみましょう。

もしこのモードで速度制限がかかってしまうと、ギガ放題プランでも関係なく翌月まで速度制限を解除する方法はありません。

通常の「ハイスピードモード」に設定しなおし、翌月まで待ちましょう。

これらの対処をしても速度が遅いままの場合、通常プランと同様に端末の故障や基地局のトラブルなどが影響している可能性もあります。

Broad wimaxのサポートセンターに問い合わせ、対処法を相談してみましょう。

The following two tabs change content below.
アバター

小林

節約が好きで、生活の中で日々いろんな費用を抑えることを考えて生きています。 もともと光回線を使っていましたが、ポケットWiFiのほうが料金含めて様々なメリットがあることが分かったため、半年前にWiMAXに乗り換えました。 ゲームも好きで、暇があればスマホをいじってたりします。

-Broad WiMAX, WiMAX

Copyright© Wi-Fiネット , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.