GMOとくとくBB WiMAXの「20日以内キャンセル」について解説!注意点や条件など

更新日:

WiMAXはお得にインターネットを楽しめるため大人気となっていますが、通信環境や使い勝手に不安を感じている人も多いのではないでしょうか。

そんな人にぴったりなのが、とくとくBB WiMAXの「20日以内キャンセル」サービスです。

今回は、20日以内キャンセルサービスの内容をはじめ、利用条件や注意点など気になるポイントを詳しく解説していきます。

GMOとくとくBB WiMAXの「20日以内キャンセル」ってなに?

インターネットを便利に利用する上で欠かせないWi-Fiルーターのなかでも、高い知名度と人気を誇るWiMAX。

ただ、WiMAXはモバイルルーターであるため、使用する環境で通信速度が変わりやすく、安定しないことがあるという難点もあります。

あるところではサクサク快適にゲームや動画などが楽しめるのに、別のところでは思ったほど速度が出ないということも珍しくありません。

このため「契約しても速度が出ないと意味がない」と、申し込みを躊躇してしまう人も多いのではないでしょうか。

自分の行動範囲の中で、WiMAXをじっくり試してから正式に申し込みたいですよね。

そんな悩みを画期的に解決してくれる便利なサービスが、GMOとくとくBBの「20日以内キャンセル」です。

申し込みから20日以内なら違約金なしで契約をキャンセルできる

20日以内キャンセルとは、その名の通り申し込みから20日間以内であれば、違約金なしで契約をキャンセルすることができるサービスです。

一般的に契約を解除できる初期契約解除制度の場合、キャンセルする時には申し込みから8日以内に手続きをしなければなりません。

しかし、たった8日では十分にWiMAXを試せないこともあり、迷っているうちにタイムリミットを過ぎてしまう可能性もあるでしょう。

それに比べると、20日という長期間のキャンセルに対応してくれるGMOとくとくBBは魅力的なサービスです。

20日間という期間があれば、自宅はもちろん会社や学校、よく行く外出先などでWiMAXが問題なく使えるかどうか確認できるでしょう。

自分がどれくらいの日数でどの程度データ量を消費するのか、統計も取りやすくなります。

WiMAXは短期間で解約すると高額の違約金がかかってしまうケースが多いので、20日以内キャンセルを利用して気軽に試してみましょう。

20日以内キャンセルを利用するための条件は?

20日以内キャンセルサービスは、誰でも無条件で利用できるわけではありません。

主に2つの条件を満たした場合のみキャンセルが認められるので、どんな条件があるのか正しく把握しておきましょう。

条件1.ピンポイントエリア判定が○になってること

ピンポイントエリア判定が○になっていないと20日以内キャンセルはできない

1つ目の条件は、ピンポイントエリア判定が「◯」になっていることです。

ピンポイントエリアとは、WiMAXの電波がスムーズに届くエリアのこと。
公式サイトから確認することができます。

WiMAXの電波は建物などに遮られると届きにくくなり、通信速度が落ちてしまうケースもあります。

電波が届きにくいと快適なインターネット環境を維持できないため、事前に自宅がWiMAXの電波が入りやすいエリアにあるか調べることができるのです。

それがピンポイントエリア判定というサービスで、GMOとくとくBBのホームページでも確認することができます。

ここで自宅住所の電波状況を調べ、判定が「〇」となっていれば20日以内キャンセルサービスの対象となります。

それ以外の判定結果だった場合、たとえ20日以内にキャンセルを申し込んでも違約金を負担しなければならない可能性が高くなります。

条件2.20日以内にキャンセル手続きを済ませること

2つ目の条件は、申し込みから20日以内にキャンセル手続きを済ませることです。

申し込みをした当日を1日目とし、20日以内にGMOとくとくBBの担当部署宛てにWiMAXの端末を返送しなければなりません。

申し込みの翌日や端末を実際に受け取った日ではなく、申し込み当日が1日目となるので注意しましょう。

住んでいる場所によっては端末の返送までに日数がかかるケースもあるので、それを計算したうえで20日以内に間に合うように返送する必要があります。

連絡せずに返送するのはNG、事前にキャンセルの連絡をしよう

また、モバイルルーターなどの端末をいきなり返送するのではなく、事前にGMOとくとくBBへキャンセルしたい旨を連絡しなければなりません。

連絡しないまま端末を返送しても、サービスの利用が認められないおそれがあります。

連絡先はGMOとくとくBBのホームページに記載されているので、事前にチェックしておきましょう。

20日以内キャンセルをした時にかかるお金は?

キャンセルという言葉を聞くと、料金が全くかからないというイメージがありますよね。

しかし、GMOとくとくBBの場合は少し違うようです。

20日以内キャンセルをした時に最低限かかる料金について説明していきます。

使っていた日数分の日割り料金と事務手数料がかかる

GMOとくとくBBの利用料金は月額制ですが、利用を開始した初月は日割りで請求されます。

つまり、キャンセルしたい旨を申し込んだ日までは日割り料金が発生してしまうのです。

20日以内キャンセルは、あくまでも違約金がかからずに契約を解除できるサービスであり、月額料金まで無料になるものではありません。

わずかではありますが、キャンセルを申し出るまでの期間が長ければ長いほど、料金も高くなるので注意が必要です。

また、GMOとくとくBBでは、WiMAXを申し込むと3,000円の事務手数料がかかります。

事務手数料は、WiMAXを利用するために必ず必要なものなので、キャンセルをしても返金されません。

月額料金の日割りとともに請求されるので、一緒に支払うことになります。

さらに、端末を返送するときの送料も利用者が負担します。

返送先は東京なので、住んでいる地域によっては送料が高くなってしまう場合もあります。

このほか、端末の受信感度を高めるために使用するクレードルなどの付属品を購入していた場合、その代金も返金されません。

このように、20日以内キャンセルを利用しても、月額料金の日割り分と事務手数料、端末の返送料や付属品の購入代金といった費用が発生します。

すべてをまとめると5,000円ほどかかるケースもあるので、注意が必要です。

完全にタダでWiMAXを試せるわけではありませんが、契約解除時にかかるお金は他のプロバイダと比べて5分の1程度に抑えることができるので、安心してWiMAXを契約できるのがGMOとくとくBB WiMAXの強みと言えるでしょう。

The following two tabs change content below.
アバター

小林

節約が好きで、生活の中で日々いろんな費用を抑えることを考えて生きています。 もともと光回線を使っていましたが、ポケットWiFiのほうが料金含めて様々なメリットがあることが分かったため、半年前にWiMAXに乗り換えました。 ゲームも好きで、暇があればスマホをいじってたりします。

-GMO WiMAX, WiMAX

Copyright© Wi-Fiネット , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.