GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックの受け取り方と注意点について解説

更新日:

「GMOとくとくBB WiMAX」は高額のキャッシュバックが魅力のプロバイダです。

そこで、どれぐらいの額のキャッシュバックが受け取れるのか、他社と比較して得かどうかを解説します。

また、キャッシュバックはすぐに受け取れないうえ、受け取り方法がやや複雑です。

受け取り方や注意点もまとめたので「GMOとくとくBB WiMAX」を検討している人はチェックしておきましょう。

キャッシュバックで選ぶならGMOとくとくBB WiMAXが最有力候補!

WiMAXとは、簡単にいうと自宅でも外出先でもインターネットが利用できるモバイル通信のことです。

WiMaX2+と書かれることもありますが、利用者から見れば同じと考えていいでしょう。

WiMAXを利用するには、通常、プロバイダといわれる業者を選ぶことになります。

これは光通信などのインターネット回線を利用するときと同じですよね。

しかし、WiMAXの場合、どのプロバイダを選んでも通信網はUQコミュニケーションズのものを使うので実は通信品質はどこも同じなのです。

そのため、プロバイダを選ぶ場合、料金がいかに安いかが大きなポイントとなるのです。

各プロバイダは月額割引サービスやキャッシュバックで安さを競っています。

それに対し、GMOとくとくBB WiMAXは、高額のキャッシュバックが特徴のプロバイダです。

キャンペーンは時期によって変わりますが、2019年4月現在では、最大3万7,100円のキャッシュバックを実施しています。

これは、他社で行われている1万円前後のキャッシュバックに比べるとかなりの高額といえるでしょう。

最も金額が近いプロバイダでも3万円なので、キャッシュバックによる割引を狙うなら、最有力候補となるプロバイダがGMOなのです。

GMOは、このキャッシュバックの特典を目玉にして、多くの加入者を獲得しています。

また、機種代金が0円であること、通信機器が最短で即日発送なのですぐにインターネットが使えるようになること、加入後20日以内ならキャンセル代が無料であること、などの理由でも選ばれています。

dummy
他社にはない高額キャッシュバックがGMOのWiMAXの魅力だよ。
受け取る時の注意点もいくつかあるから、それについても説明していくね。

GMOとくとくBB WiMAXを他社と比較

月額料金 キャッシュバック
4,263円 37,100円
4380円 30,000円
41,00円 10,000円

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックは業界最高額です。

次に続くのが、BIGLOBEというプロバイダであり、2019年4月現在、3万円のキャッシュバックを実施しています。

ただし、BIGLOBEの場合、クレジットカード払いにしないとこの額は受け取れません。口座振替でも受け取れますが、1万5,000円と減額されてしまいます。

クレジットカード払いの場合、キャッシュバックが1年後であるのに対し、口座振替では6カ月後に受け取れるメリットはありますが、トータルの割引を考えるとクレジットカードの方が得だといえるでしょう。

GMOとくとくBB WiMAXの場合、端末発送月を含めて11カ月目にキャッシュバック特典が受けられます。

BIGLOBEと比較すると、月額料金は大差ありません。

そのため、キャッシュバックの7,100円分だけ、GMOのほうが安いと考えていいでしょう。

キャッシュバックの額が第3位のクラウドモバイルは1万円となっています。

ただし、このプロバイダは月額料金が安いため、3年間トータルの金額で考えるとほぼ同じあり、GMOのほうが500円ほど安くなります。

GMOとくとくBB WiMAXにおけるキャッシュバックの注意点と受け取り方

魅力的なキャッシュバックを実施しているGMOですが、注意点が2つあります。

選ぶ機種によってキャッシュバック額が変わる

まず、機種によってキャッシュバックの金額が違うことです。

「Speed Wi-Fi NEXT W05」では本体のみが3万7,100円、充電台とセットにすると3万2900円となります。

「Speed Wi-Fi NEXT WX05」では本体のみが3万2,050円、充電台とセットにすると2万9050円です。

「WiMAX HOME 01」は3万2,300、「Speed Wi-Fi HOME L02」は3万1,500円です。

「Speed Wi-Fi NEXT W05」と「Speed Wi-Fi NEXT WX05」では、充電台(クレードル)をセットにするとキャッシュバック額が減る点にも気を付けましょう。

キャッシュバックを受け取れるのは11ヵ月後!忘れずに覚えておこう

次に注意が必要なのは、キャッシュバックの受け取りを忘れてしまうことです。

キャッシュバックが受け取れるのは、サービスに加入して11カ月後のため、うっかり忘れてしまう人も多いでしょう。

受取期間は11カ月後から1カ月間しかないためなおさらです。

キャッシュバックの受け取り手続き用のメールが、加入時にGMOが発行したメールアドレス宛に届くので返信しましょう。

すると、翌月末日(営業日)に指定した口座にキャッシュバックが振り込まれます。

GMOが発行したメールアドレス宛には、いろいろな広告も一緒に配信されます。

そのため、多くのメールに紛れて、見落としてしまうことも多いようです。

また、メインのメールアドレスをスマホで使っているGmailなどにしており、普段はGMOが発行したメールを見ない人もたくさんいるようです。

こうした事情もあって、キャッシュバックの特典を受けることを忘れてしまう人はたくさんいます。

高額のキャッシュバックは魅力ですが、受け取り忘れに十分注意しましょう。

受け取り忘れるとキャッシュバックはなくなっちゃうから
忘れないように気をつけようね

キャッシュバックありとなしではどちらのプランがお得?

GMOといえば、キャッシュバックが魅力といわれることが多いですが、キャッシュバックなしの月額割引サービスも用意されています。

そこで「ギガ放題プラン」で2年使用する場合を例に比較してみます。

2019年4月現在では、キャッシュバックありの場合、1~2カ月目の月額料金が3,609円、3~24カ月目が4,263円です。

そのため、キャッシュバックありの場合は、3,609×2+4,263×22=10万1,044円。

仮に「Speed Wi-Fi NEXT W05」でギガ放題プランに加入すると、キャッシュバックは3万7,100円ですから、実質、10万1,044円-3万7,100円=6万3,944円です。

キッシュバックなしの場合は、1~2カ月目の月額料金が2,170円、3カ月以降が3,260円なので、2,170×2+3260×22=7万6,060円となります。

このように、キャッシュバックありの方がトータルに支払う額は少ないです。

しかし、一説によると1年ぐらい経過した後にキャッシュバックを受け取る人は全体の3割程度しかいないといわれています。

受け取り忘れのリスクが高そうな人や面倒な手続きが苦手という人は、支払う額が多くてもキャッシュバックがないプランを選んだ方が良いかもしれません。

とにかくキャッシュバックが多いほうが良い!という人は

受け取り忘れそうで不安…という人は

-GMOとくとくBB

Copyright© Wi-Fiネット , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.