SoftBank Airの8日間解約金無料キャンセルとは?やり方や条件について解説

更新日:

SoftBank Airは、特別な工事も必要なく、部屋に置くだけでネットが楽しめる便利なWi-Fiです。

それだけに人気がありますが、いざ設置してみたら、ネット環境が今一つだったというケースも少なからずあるようです。

そのような場合は、申し込み日から8日以内であれば、無料でキャンセルが可能です。

ここでは、SoftBank Airの「8日間解約金無料キャンセル」について詳しく紹介します。

SoftBank Airをキャンセルする人の理由とは

SoftBank Airは、小さな機器をコンセントに差し込むだけでインターネットが楽しめる、便利なWi-Fiサービスです。

一般的なインターネット回線とは違い、工事が不要なため、設置に時間が掛かりません。

また、一般的な光回線よりも値段が安いこともあり、とても人気があります。

しかし、SoftBank Airを利用する人のなかには、利用早々に解約をする人も少なからずいます。理由は大きく分けて2つあげられます。

【ケース①】光回線から乗り換えたら思ったより遅かった

まずは「ネット回線が遅いように感じる」というケースです。

SoftBank Airは、光回線に比べると、動画を見るときなどはとくに、若干遅さを感じるケースもあるでしょう。

ネットで映画などを楽しんでいる最中に、急に速度が落ちてしまうケースも少なからずあるようです。

そのため、日常的に動画をたくさん見る人にとっては、SoftBank Airでは物足りないと感じることもあるでしょう。

【ケース②】使いたい場所まで電波が届かない

そして、2つ目は「電波状況が不十分」というケースです。

基本的に、SoftBank Airは、コンセントを差し込むだけで家中のいたるところでインターネットを楽しむことができます。

しかし、例えば、1階にSoftBank Airを設置してみたら、2階ではつながりにくいということもあるようです。

また、家のそばに鉄塔があったり、地下にある部屋だったりすると、Wi-Fiが入りにくいこともあります。

このような場合は、SoftBank Airを利用してもメリットがあまりないため、解約を希望することになります。

SoftBank Airを利用する場所や環境によっては、ネットに繋がりにくいケースもあるみたい…

SoftBank Airを使い続けるのが難しいと思った場合は、なるべくはやめに初期契約解除するようにしようね。

SoftBank Airにも「初期契約解除制度」がある

せっかく購入したSoftBank Airですが、回線が遅いと感じたり、Wi-Fiが上手に使えなかったりすると、解約を考えなくてはなりません。

しかし、SoftBank Airに限らず、多くの通信サービスでは利用開始から日数が経ってしまうと、解約時に「解約手数料」を取られてしまいます。

場合によっては、その金額は数万円以上に上ることも多いので、解約する場合は早めに行動することが大切です。

SoftBank Airには「初期契約解除制度」があり、契約した日から8日以内であれば、無料で契約を解除することが可能です。

クーリングオフにも似ていますが、通信事業における契約解除制度は、「解約金免除のみ」ということが多いので注意が必要です。

しかし、SoftBank Airの場合は、ソフトバンクという、大手キャリアが行っている認定事業者のため、「確認措置」が適用されます。

確認措置とは、初期契約解除制度よりも戻ってくる金額が多いのが特徴です。

初期契約解除の場合は、解約金の免除のみが対象であり、購入した端末の免除は基本的にありません。

しかし、確認措置の場合は、「解約金免除+端末代金」の返金が可能となります。

契約解除できるのは「電波状況が不十分」な場合のみ!?

SoftBank Airの解約は、どのような理由であっても申し込みから8日以内であれば可能なのでしょうか。

それに関しては、SoftBank Airのホームページに次のように記載されています。


出典:契約のキャンセル(8日間キャンセル)について

簡単に要約すると「利用場所での電波状況が不十分な場合のみ解約が可能」とあります。

また「十分な説明がされていなかったのに契約させられた」「契約書面が交わされていなかった」という場合も、解約は可能です。

しかし、後者においては、あまり現実的にはありえない状況でしょう。

そのため、一般的には「SoftBank Airの電波が入りにくい場合のみ解約ができる」ということになります。

しかし、SoftBank Airの電波が入りにくい状況というのは、具体的にどのようなことをいうのかは明記されていません。

電波が悪いと感じるのは、利用者の感じ方によっても違うものです。

仮に、SoftBank Airを使っている家に、普段は光回線を利用している他人が遊びに来たとします。

そこで「光回線よりも非常に電波状況が悪い」と他人が感じたら、SoftBank Airの電波状況は悪いといえるかもしれません。

こうしたケースの場合、解約はできるのでしょうか。

電波状況に不具合がないと、本当にキャンセルできないのか

電波状況の良し悪しを判断するのは、規定というものがないため、難しいところです。

そこで、ソフトバンクの質問チャットなどで検索してみると、次のような回答を得ることができました。

そこには「SoftBank Airは通信状況に関係なく、契約日から8日以内であれば、初期契約解除が可能です」とありました。

つまり、電波状況がどうであれ、利用状況に不満を感じた場合は、契約解除が可能なのです。

利用してみて、「やはり動画が遅く感じる」「2階への電波が届かない」といった場合は、早めに解約を検討してみると良いでしょう。

ただし、解約に関する返答には「ソフトバンクショップにて購入した場合は、キャンセル条件が異なることもあり、各店舗で確認をしてください」という一言もあります。

買った場所によって、解約条件が異なるとは考えにくいのですが、念のため頭に入れておいた方が良いでしょう。

ソフトバンクの店舗によっては、「電波状況がよほど悪いことがないと、解約はできない」といった説明をしているケースもあります。

しかし、そのような場合でも、家まで来て電波状況を確認されるといったことは、まずないでしょう。

使用状況に納得が出来ない場合は、丁寧に説明し、8日以内に解約手続きを行いましょう。

SoftBank Airの初期契約解除の手順

SoftBank Airを解約する流れは、次のようになります。

まずは、SoftBank Airのサポートセンターへ電話をし、解約することを伝えます。

この際契約者IDなどを聞かれるので、契約書を手元に用意しておきましょう。

次にレンタル機器の返却を行います。

SoftBank Airは段ボールに丁寧に梱包されて送られて来るので、その箱をそのまま使って送り返すのが便利です。

解約を伝えることと、機器の返却を行うのは、申込日から8日以内に行うことが重要です。

これで基本的に無料で解約が行えますが、SoftBank Airの基本使用料の日割り分や、事務手数料は掛かってしまいます。

その額は、およそ3,000円でしょう。

-SoftBank Air

Copyright© Wi-Fiネット , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.