SoftBank Airは引っ越しする時に手続きは必要?引っ越し先がエリア外だった場合は?

更新日:

SoftBank Airはコンセントに差すだけで利用できるので、引っ越しのときも回線工事いらずでとても便利。

新居でもすぐに使えるのですが、住所変更の手続きをしなければ強制解約の可能性もあります。

また、引っ越し先で利用できなかった場合には、キャンセルなどの手続きが必要です。

今回は引っ越し手続きの内容や、引っ越し先がエリア外であった場合の対処法、解約金などについてまとめました。

引っ越しの時はWEBや電話で住所変更の手続きをしよう

SoftBank Airを引っ越し先で使う場合、使用場所の住所変更手続きが必要です。

SoftBank Airはコンセントに差せばどこでも使えるので、引っ越し手続きは必要ないと思ってしまう人も多いですが、基本的には契約時に登録した住所以外では使用してはいけない決まりがあるため、必ず手続きするようにしましょう。

手続きはソフトバンクの公式WEBサイトや、カスタマーサポートへの電話、近くのソフトバンクショップで行うことができます。

手続きには下記の情報が必要になるので、事前に確認しておきましょう。

契約者名
登録電話番号
生年月日
引っ越し先住所
引っ越し予定日

引っ越し先住所と一緒に郵便番号を聞かれた場合、分からなくても問題ありませんが、その場で伝えられると手続きがスムーズになります。

WEBサイトでは基本的に24時間受け付けしているので、忙しい人はこちらがおすすめです。

電話やソフトバンクショップでは、分からないところを丁寧に教えてもらえるので、手続きに不安がある方は利用しましょう。

ソフトバンクショップでは本人確認書類が必要になるので、運転免許証や保険証などを準備してください。

手続きするタイミングは引っ越し先と日程が決まったタイミングでOK

SoftBank Airの住所変更手続きは、設置場所を変更する前までに済ませましょう。

連絡するタイミングは、引っ越し先住所と日程が決まってからがおすすめです。
必要な情報が揃っているので手続きがスムーズになります。

引っ越し先の住所や日程が決まっていない段階では受け付けてもらえず、改めて連絡することになるので注意してください。

SoftBank Airの対象エリアであれば、仮に連絡を忘れてもそのままネット接続できることもありますが、契約違反となってしまう可能性もあるので、
万が一遅れてしまった場合は、すぐにカスタマーサポートなどへ事情を連絡するようにしましょう。

もし、引っ越し業者や不動産契約の都合で直前までスケジュールが分からない場合は、ひとまずカスタマーサポートまで連絡して相談してみてください。

住所変更しないと強制解約になることもあるので注意

もし引っ越し手続きを忘れてしまった場合、ソフトバンク側からハガキが届くなど、基本的に何かしらの連絡があります。

連絡があったタイミングですぐに手続きすれば問題ないケースが多いようですが、なかには強制解約されるケースもあります。

強制解約になる場合は、解約金やAirステーション本体の端末残金などが請求されるので注意しましょう。

SoftBank Airはコンセントがあればどこでも利用できる便利なシステムですが、基本的には固定のインターネット回線と同じ扱いです。
外出先や旅行先、車内での利用は禁止されています。

住所変更せずに引っ越し先で利用していると、契約時に申告した住所以外で利用していることになり、不正利用となるので注意しましょう。

単純に引っ越しの連絡を忘れただけでも、ソフトバンク側には居住地以外での不正利用を疑われることになります。

連絡しなければ悪質な不正利用として解約になるので、引っ越しのときは必ず住所変更の手続きをしてください。

また、引っ越しするときに郵便局への転送手続きをしていないと、ハガキを受け取れないこともあります。

連絡の入れ違いになるだけであればいいのですが、最悪の場合は連絡無視として扱われるので注意してください。

引っ越し先が対象エリアか確認しよう

SoftBank Airを引っ越し先で使いたい場合でも、対象エリア外であれば電波を受信できないため利用することができません。

SoftBank Airの対象エリアは、ソフトバンクの公式WEBサイトや、ソフトバンクショップで確認できます。

またソフトバンクのグループ会社であるWireless City Planning社の公式WEBサイトからもサービス提供エリアが確認可能です。

Wireless City Planning社のWEBサイトでは地図を拡大して、細かい場所まで確認できます。

基本的に全国の主要都市では問題なく使えて郊外も広い範囲までカバーしていますが、一部の地域では対象エリア外になることもあるようです。

もし、引っ越し前にソフトバング側へ確認して対象エリアであったとしても、実際に利用して電波が悪ければ解約できます。

引っ越し後に電波が悪いと分かったときは、すぐにソフトバンク側へ連絡しましょう。

また、Airステーションを建物の中心や地下に設置していると、受信状況が悪くなる場合もあります。

そんなときは窓際など受信環境のよい場所へ移動すれば解決する可能性もあるので、対象エリアでも電波が悪いときは試してみてください。

対象エリア外のときは解約金無しで解約できる!

もし引っ越し先がSoftBank Airの対象エリア外の場合は、引っ越し完了から8日以内であれば解約金無しで解約ができます。

通常、SoftBank Airの契約は2年ごとの自動更新システムになっており、更新期間以外の解約には解約金9,500円が必要です。

ですが、対象エリア外であれば契約期間に関係なく無償で解約できます。

ただし、契約は解約金無しで解約できても、Airステーションを分割で購入している場合は本体代金の支払いが残ります。

Airステーションをレンタルして利用している場合はそのまま返却すればいいのですが、分割購入している場合は注意しましょう。

Airステーションは本体価格5万8,320円で、それを1,620円の36カ月払いにしています。

そのまま契約していれば実質無料キャンペーンが適用されて毎月の支払い分が割引されますが、途中で解約する場合は割引なしで支払わなければいけません。

例えば契約から6カ月で解約する場合、残りの30カ月分である4万8,600円の支払いが残るので注意しましょう。

-SoftBank Air

Copyright© Wi-Fiネット , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.