SoftBank Airの速度は無線と有線で変わる?比較してみました

更新日:

SoftBank Airとは工事不要で、すぐにWi-Fi環境が整うサービスです。

通信制限を気にすることなく、スマホやタブレットを利用できます。

ただ、パソコンを利用する場合、Wi-Fi環境が整っても有線LANを利用するユーザーが多いです。
通信速度は有線の方が速いというのが一般的だからです。

では、SoftBank Airの場合も同じなのでしょうか。
今回はSoftBank Airを有線と無線で利用した場合の通信速度を比較します。

そもそもどれくらいの速度が必要なのか

SoftBank Airの通信速度は、下り最大261Mbps、上り最大7Mbpsです。

この速度は機種によって違っており、通信速度の1番速いAirターミナル3の場合では最大350Mbps、上り最大7Mbpsとなります。

下りの通信速度に比べて、上りの数値がかなり低いですが、
「下り」はインターネットを見たり、YouTube等で動画を視聴する時に必要になる速度で、
「上り」は、インスタグラムに写真を載せたり、ツイッターに投稿した場合など、ネット上にデータをアップロードする際に関係する速度です。

では、インターネットを使う場合、どれくらいの通信速度が必要となるのでしょうか。

一般的に、実測値で10Mbps以上あれば快適にインターネットを利用することができると言われています。

通信速度が大きく関わるのが、動画の視聴です。

例えば、YouTubeの動画を高画質で視聴する場合、3Mbps以上が必要となります。

また、Amazonプライムビデオを高画質で視聴する場合は3.5Mbps以上が必要です。

Huluで配信されている作品をパソコンで視聴する場合では、推奨されている通信速度は6Mbps以上となっています。

こういった動画配信サイトを利用しても、下りの通信速度が最大261MbpsあるSoftBank Airなら快適に利用できることが分かります。

有線と無線の速度に違いはあるのか?

SoftBank Airを使用する際、有線と無線では速度が違うのかを比べてみます。

まず「有線」というのはSoftBank Airとノートパソコンやゲーム機の本体をLANケーブルで繋いで、インターネットを利用することです。

SoftBank Airの本体には2つのLANケーブル用のLANポートがあり、有線でもインターネットに接続することが可能です。

また「無線」というのは、ノートパソコンやゲーム機の本体にLANケーブルを繋がずにインターネットを利用することを言います。

必ずしも有線のほうが速いとは限らない

一般的には、有線でインターネットをした方が通信速度が速いと言われているのですが、SoftBank Airでも有線と無線で通信速度に差が出るのでしょうか。

実際に、SoftBank Airの機種のひとつであるAirターミナル2を利用して通信速度を測定すると、有線では41~69Mbpsで、無線では20~84Mbpsという結果になった人がいます。

有線、無線ともに10Mbps以上となっており、快適にインターネットを利用できる通信速度です。

SoftBank Airは、モバイル回線を利用したWi-Fiサービスであるため、高層階での通信速度を気にしている人も少なくありません。

こちらも実際に高層階のマンションで試した際、有線では16.1Mbps、無線では26.3Mbpsという結果になった人がいました。

一般的には有線の方が速いはずが、無線の方が速いという結果となっています。

あくまで参考例ではありますが、実際に使っている人が多く、また有線・無線のどちらの場合でも快適に利用できることがわかります。

ただ、注意しなければならないのが、住んでいる地域です。

SoftBank Airはモバイル回線を利用しているため、地域によっては通信速度が遅い場合もあります。

通信速度の目安となるのが、SoftBankの公式サイトにある「住所別下り最大通信速度情報」です。

自分の住んでいる地域の通信速度の目安を把握することができるので、SoftBank Airを検討しているのであれば必ず確認することをオススメします。

以上の内容をまとめると「有線であっても無線であっても通信速度に大きな違いはなく、使用する地域によって変わる」といえるでしょう。

オンラインゲーム等で安定してネットを使いたい場合は有線がおすすめ

有線でも無線でも通信速度は、さほど大きく変わらないことをお伝えしました。

ただ、プレイステーション4やニンテンドースイッチなどを使用したオンラインゲームで遊ぶ場合、安定して使用できる有線がおすすめです。

無線の場合、家の壁やドアなどの障害物があると、途中で通信が切断されてしまうリスクがあります。

ゲームをプレイ中に切断されてしまうと、オンライン上の知り合いにも迷惑をかけてしまうケースがありますので、有線LANを使用しておきましょう。

ニンテンドースイッチにはLANケーブル用のLANポートはありませんが、有線LANアダプターを使用することで有線接続が可能です。

SoftBank Airの利点は、有線接続であっても配線がごちゃごちゃになりにくいところにあります。

SoftBank Airの電源コードを差し込むだけで、ネット環境が整い、非常に便利です。

あとは、有線LANをゲーム機とつなぐだけでオンラインゲームを楽しむことができます。

有線LANを使用中もWi-Fi(無線)を同時に使用できるので、オンラインゲームをしながらスマホやタブレットで動画を見ることも可能です。

自宅の電話線の近くに置く必要が無く、無線ルーターが不要にも関わらず、自室で全てを完結できます。

SoftBank Airは実際に自宅で試すことが可能

実際に有線と無線では、どれくらい通信速度に違いがあるのかを確認するには、やはり自分の家で試すことが最も確実です。

SoftBank Airは、契約してから8日以内であれば、契約をキャンセルすることができます。

これは、実際に自宅で通信速度を試すことができるため、ユーザーは安心してSoftBank Airに申し込み、納得して契約できるサービスです。

このサービスを利用して、YouTubeやAmazonプライムビデオなどの映像を視聴するときの快適さを試すことができます。

もちろん、手元にあるわけですから、有線と無線の通信速度を確認することも可能です。

工事不要で申し込みから最短3日以内にAirターミナルが自宅に届くのですが、LANケーブルが同梱されています。

よって、届いたその日から、無線と有線の通信速度の比較が可能です。

もし、SoftBank Airの有線と無線の通信速度が気になるのであれば、一度試してみることをおすすめします。

-SoftBank Air

Copyright© Wi-Fiネット , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.