Wi-Fiの速度が遅い…そんなときにチェックして欲しいポイント5つ

更新日:

Wi-Fiを使用中に「なんだかうまくつながらない」「速度が落ちているように感じる」と思ったことはありませんか?

せっかく固定回線を引き、家の中で便利に使えるようにWi-Fiにしたのに思ったように
楽しめない…そのようなときに考えられる原因や、その解消法について説明します。

この記事を読むことで、Wi-Fiで速度が出ない理由や、解消法のヒントを知って
いただくことができますので、どうぞ最後までお付き合いください。

Wi-Fiの速度を決める“周波数帯”とその特徴を知る

WI-Fiとは、通信方法の規格を指す言葉です。この規格は少しずつ変化していて、
近年では以下の6種の周波数帯があります。

2.4GHz(11g/11b)

お手持ちのWi-Fiルーターやスマートフォンなど「親機/子機」に相当するものが

11g
11b

このどちらかに対応していれば、それは2.4GHz(ギガヘルツ)の
周波数帯を利用する通信を行っています。

2.4GHzは、障害物に強く家の中でも通信が切れにくいという特徴を持つ反面、
電子レンジのノイズに影響されやすい、Bluetoothと干渉しやすいという面もあります。

周波数2.4GHzの特徴

2.4GHzを利用するWi-Fiは、比較的早期に利用され始めたため、近所でWi-Fiを導入している世帯から発せられる電波も多くあり、これらが互いに影響している可能性も高いです。

速度は最大で11~54Mbpsとそこまで早いとは言えませんが、“粘り強さ”が最大のメリットですので、決して「今や使えないもの」というわけでもありません。

5GHz(11a/11ac/11n)

近年一般化しつつあるのが、5GHz帯を利用する通信です。

・11a
・11ac

この2つがそれで、「親機/子機」に相当するものがそれぞれそれに対応していれば使うことができます。

5GHzは障害物に弱いものの、電子レンジやBluetoothなど家庭内にあるノイズに
干渉されにくいと同時に、市街地などでも他の世帯の電波に遭遇することがさほど多くなく、電波同士が干渉し合うことがあまりないというメリットがあります。

速度は最大で54Mbps~6.9Gbpsです。

また、他にも「11n」というものもあり、これは2.5GHzと5GHzそれぞれの電波(アンテナ)を利用することで高速化を図っているものです。2.5GHzと5GHzの“いいとこ取り”ができる仕組みです。

60GHz(11ad)

60GHzで行う通信は、電波の届く広さより、高速性に重点を置いたものです。

Wi-Fiルーターから見通せる場所、もしくは室内(約10メートルまで)であれば
充分に速度を体感できます。
Wi-Fiルーターとスマートフォン/タブレットなどの端末が

・11ad

に対応しているときに利用することができます。

11adは2009年に策定されたものですが、2018年現在、11adに対応したWi-Fiルーターは1台あたり40,000円~と、まだ一般的とは言えないのが現状です。
この11adに対応したスマートフォンもまだ数が少なく、ASUSTeKの「ZenFone 4 Pro」を代表にした少数派です。

このように通信方法(利用周波数帯)によりそれぞれ特徴がありますし、手持ちの
スマートフォンやタブレット、パソコンの対応状況もありますので、Wi-Fiルーターの機能とうまく組み合わせましょう。

壁や天井に電波を遮られていないか

上でも触れたとおり、Wi-Fiの電波は基本的に「障害物に弱い」という面を持っています。

壁やドアを隔て、Wi-Fiルーターから離れた部屋で速度が遅くなる現象は、このことから
起きていることも少なくありません。

家の間取りの端から端へWi-Fiの電波を飛ばしている時や、1階にWi-Fiルーターがある場合2階では繋がりが悪くなることがあります。
Wi-Fiルーターの電波は障害物に弱い
特にコンクリートの家の場合はその傾向が強く出ますので固定回線の引き込み場所とWi-Fiルーターの設置場所には注意が必要です。

無線LAN中継機を使うのも1つの手

どうしても固定回線引き込み口が家の端になってしまう場合、無線LAN中継機(Wi-Fi中継器)を必要な場所に設置することで家の中のカバー率を上げることができますので、検討するのも一考です。

無線LAN中継器とは、「ここでWi-Fiを使いたい」と思う部屋の近辺にあるコンセントに差し込むだけで、Wi-Fiの電波をより遠くまで飛ばすことができる器機です。
もし無線LAN中継器を買う場合は、以下の2点に注意しましょう。

・親機(Wi-Fiルーター)と同じ周波数帯(5GHzなど)が使えること
・親機(Wi-Fiルーター)と同等+上位の通信規格(11acなど)を備えていること

これを念頭に置いておけば、現在のWi-Fiルーターに対応しつつも、将来Wi-Fiルーターを買い換えたとき、無線LAN中継器が無駄にならずに済みます。

親機と子機(Wi-Fiルーターと無線LANの中継器)の設定ができるか不安な方、設定に時間をかけたくない方は、Wi-Fiルーターと無線LAN中継器を同じメーカーのものにすると良いでしょう。

たとえば、BUFFALO(バッファロー)というメーカーでは、相互の機器のボタンを同時に押すだけでつながる「AOSS」という独自の仕組みを取り入れています。
このボタンを使い一度接続が完了すれば、無線LAN中継器を離れた場所に持って行っても接続設定は維持されたままですので、とても便利です。

また、他のメーカーでは「WPS」を取り入れている製品を発売しています。
Wi-Fiルーターと無線LAN中継器がWPS対応であれば、上記と同じようにボタンを
押すだけで接続が完了します。

WPS利用の場合、特に同じメーカーである必要はありませんが、何かしらのトラブルが
生じたとき、メーカーに問い合わせる際にサポートデスクに事情を伝えやすくなるという
メリットがあります。

その遅さ、Wi-Fiの速度の問題?

もしもスマートフォンやタブレット、パソコンを使用しているとき「遅い」と感じたら、
まず試していただきたいのが「スピードテスト」です。

速度測定サイトには、次のようなものがあります。
・「FAST」
https://fast.com/ja/
・「SPEEDTEST」
http://www.speedtest.net/?r=f
・「BNRスピードテスト」
http://www.musen-lan.com/speed/

このようなサイトにアクセスし、回線そのものの通信速度を計測してみましょう。

Wi-Fiの速度チェック

結果はいかがでしたか?

・動画再生=20~30Mbps
・ネットサーフ=10Mbps程度

この程度の速度があれば快適といわれていますが、この速度が出ていてもなお接続が途切れる、速度が遅いときは、パソコンやタブレット、スマートフォン側に問題がある可能性があります。
これらの端末で不具合が起きているのかもしれませんし、メモリ不足から動きそのものが遅くなっているかもしれません。

接続台数が多くないかのチェック

Wi-Fiルーターに繋げれる端末は、スマートフォンやタブレット、パソコンにゲーム機など幅広く、とても便利になっています。
今現在Wi-Fiルーターに接続している端末がいくつあるかチェックしてみましょう。

ゲーム機での通信プレイや動画視聴用のスティック型PC(Amazon Fire TVやChromecastなど)は使用するデータ量が多いので、これらを複数つなぎ、同時使用すると一気に通信速度が落ちてしまうことも珍しくありません。

持ち帰った仕事をこなすために重たいデータをダウンロードしなければならない時は、
ゲーム機の通信機能の使用をやめておくなどの工夫をすると良いでしょう。

大本である「光回線」の速度は問題ないか

では、もし光回線そのものの速度が遅い場合、どのような対応をすれば良いのでしょうか。

そもそも論ではありますが、固定回線は「最大1Gbps」と表記されていても、それは
あくまでも“理論値“で、実際に出る速度は30Mbps程度であることも少なくありません。

なぜ1Gbpsの速度が出ないかというと、通信回線がベストエフォート(best effort=最大限の努力をする)と呼ばれている方法で運用されていることが一般的だからです。

同じ回線を同じ集合住宅の中で分け合ったり、1本の光回線をいくつかの戸建て住宅に分配するといった技術的なことからくるものですので、私たちユーザーの側ではコントロールすることが難しいのです。

しかし、動画閲覧やオンラインゲームなどの「ヘビーユース」をしていなくても速度が遅い、端末そのものの問題ではなさそうだ、という時はまず光回線を提供している事業者へ連絡をするのがベストです。
公式サイトに問い合わせ用メールフォームがあるはずですので、そこに

・現在の通信速度
・遅いと感じ始めた時期
・速度低下を感じ始めた頃に何があったか(思い当たることがあれば)

などを記入し送信すると、回線の状況を調べた上で連絡をしてくれます。

もし問題ないといわれたときは、Wi-Fiルーターや、通信事業者から貸与されている
光終端装置を再起動(電源のON/OFF)をしてみることで再度安定することもありますので、一度試してみましょう。

もしも回線そのものに問題がない場合は、プロバイダへ連絡しましょう。
プロバイダはバックボーンとよばれる基本回線網を抱えています。

インターネットは自宅から基地局までが回線の全てではなく、世界中に存在する
個々のネットワークをひとつにまとめたものですので、プロバイダそのものが持つ回線が
大きな基本回線網でない限り、通信速度が遅くなってしまう面を持っているのです。

プロバイダは日々ネットワークの状態チェックをすると同時に、ユーザーの声にあわせて、必要と判断すればバックボーンの強化を行います。
あなたがお住まいのエリアで同じように「速度が出ない」という声が多くあれば、その分プロバイダは回線強化を図らなければならないと判断するはずですので、まずは声を上げてみる、プロバイダ側の問題がないかを確認してみるという行動が必要です。

プロバイダ側が「問題なし」と判断しても、オプションで「IPv6」を申し込めるので
あれば、それで速度の問題が解決できます。
IPv6とは、これまでの通信プロトコル(通信規約)であるIPv4ではさばききれなくなりそうなデータを、4倍量取り扱えるものです。

費用こそかかりますが、動画やオンラインゲームなどで大量のデータをやりとりしなければならない場合は、こういった方法で通信速度を安定させることもできます。

何が原因で遅くなっているのかを知ることが大事

固定回線は光回線で最大1Gbpsと表記されているものでも、置かれている環境により
完全に「1Gbps」となることはまずありません。
また、Wi-Fiルーターは電波を飛ばして通信するものですので、“ロス”が起こってしまうのも仕方が無いでしょう。

Wi-Fiの速度が気になったときはまず「機械(Wi-Fiルータ/接続している端末)」と
「回線」どちらが問題なのかを確認しましょう。

機械側に問題がありそうなら、Wi-Fiルーターをできれば最新のものにし、必要に応じて無線LAN中継器を設置して家の中でくまなくネットを利用できるよう環境を整えるとそのロスも低減できます。
また、速度やセキュリティ面においてはWi-Fiよりも有線LANが優れています。
よく使うパソコンやゲーム機だけでも有線LANで接続しておくとストレスも減り、安心して使うことができるでしょう。

もし回線側に問題がありそうであれば、まずはネット回線提供事業者やプロバイダに相談をしてみましょう。
それでも解決しそうになければ、光回線の乗り換えも検討材料のひとつとなるでしょう。

どれにしようか迷ったらGMOとくとくBB WiMAXがおすすめ♪
GMOとくとくBB WiMAX2+
ギガ放題プランが3年間ずっと3,480円で使える

20日以内なら違約金なしで契約のキャンセルOK

最新機種も含めて機種代が全て無料♪
月額料金 2,170円~
契約期間 3年
選べる機種 Speed Wi-Fi NEXT W06 (最新) / WX05 / W05
Speed Wi-Fi HOME L02(最新) /WiMAX HOME01
メリット ・自宅でも外でも使える
・ギガ放題プランならいつでもネット使い放題
・ネットで申し込めて回線工事や立ち会いもナシ

「色んなネット回線を比べてみたけど結局どれがいいのか分からない!」という方には
月額割引キャンペーンを行っているGMOとくとくBB WiMAXがおすすめです♪

現在私が使っているのもこれなんですが、色々ネット回線を試した中ではダントツでコスパが良くて使いやすかったです。

料金はがっつり抑えながらも、どこでも安心して自由にインターネットが楽しめるオススメWi-Fiです。

-通信速度について, お役立ちコラム

Copyright© Wi-Fiネット , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.