GLOBAL WiFiってどんなサービス?海外初心者から出張の多い方にもオススメのわけ

更新日:

海外への出張や旅行の間、現地でネットを使いたい人も多いでしょう。
特にビジネスの場合ネット環境は欠かせません。

今使っているスマートフォン(キャリア)が現地の通信に対応していない場合、
その国で使えるWi-Fiが必要になります。

今回は海外で使うことができるWi-Fiに関しての注意点、ネット環境を整えるときの手順などについて説明していきます。

国によって通信方式/周波数は違う

海外出張や旅行の行く先が決まった時点で、その国の「通信方法」と「周波数」を調べてましょう。国やエリアによって規定が異なるので、今持っているポケットWi-Fiやスマホが使えないことも考えられます。

Wi-Fiの電波の周波数は国によって違う
特に、日本で言うところの「電波法」が明確に定められているエリアでは、事前に承認された通信機器しか使えないことがあります。

手持ちのSIM/端末が現地対応でも、こんなトラブルが!

手持ちのポータブルWi-Fiやスマートフォンが利用できたとしても、帰国後届いた請求書にびっくりしたという口コミを目にすることがあります。
それは、渡航先の現地キャリア電波網を借りて通信していることにより、その料金がかかっているからです。

そのような、いわゆる“パケ死”を防ぐためにも、現地キャリアに対応したWi-Fiをレンタルしておくと安心です。

現地でプリペイドSIMを購入する方法もあるけど…

他にも、SIMフリースマートフォンを用意し、現地でプリペイドSIMを購入するという方法もあります。

しかし、現地の空港内や市街地にある店頭でパスポートを提示しなければ買えなかったり、通信量が上限に達したら改めてSIMを買い足さなければならないなどで、意外と費用と手間がかかってしまうものです。

特に現地の言葉での買い物に不自由を感じる方にとって、現地でSIMを調達することは
ハードルが高いものとなってしまうでしょう。

事前に国内で海外利用プリペイドSIMを購入してセットする

既にSIMフリーのスマートフォンが手元にあるのなら、海外に出る前に渡航先で使える
プリペイドSIMカードを購入しておくという方法もあります。

たとえば「楽天モバイル」や、格安SIM会社の「mineo」、「IIJmio」などが海外で
利用できるプリペイドSIMを取り扱っています。

もちろん、どのエリアに出かけるのかの確認や、そのSIMの有効期限のチェック、どのくらいのデータを利用する予定かの計算が必要ですし、事前に手元のSIMフリー端末に合うSIMカードサイズの確認とAPN(Access Point Nameの略/通信会社ネットワークに接続するための入り口を指す)の設定をしなければならないなど、あまりデジタル機器に詳しくない方には難関となる可能性があります。

海外出張が多い方にはGLOBAL WiFiがおすすめのワケ

上で説明したとおり、ご自身で渡航先の周波数帯を調べたり、現地でプリペイドSIM
カードを購入するといった方法もなくはないですが、それでなくても渡航前の忙しい時間を縫ってこれらの作業を行うことはとても大変です。

この点、現地ですぐに利用できるポケットWi-Fiをレンタルしておけば、これらのわずらわしさからも解放されます。

いくつかの会社が海外利用向けWi-Fiのレンタルを行っていますが、その中でも「GLOBAL WiFi」は特におすすめです。

主要な国/エリアに対応している

Global WiFiは、日本からの渡航先として主な国/エリアに幅広く対応しています。

アメリカ、アラスカ、カナダ、ハワイ、サンマルタン、マルティニーク、メキシコ、アルゼンチン、ボリビア、ブラジル、チリ、コロンビア、コスタリカ、ドミニカ共和国、エクアドル、エルサルバドル、グアテマラ、ニカラグア、パナマ、ペルー、プエルトリコ、ウルグアイ、ベネズエラ、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、チェコ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、イタリア、スイス、ノルウェー、ポーランド、スウェーデン、オランダ、イギリス、韓国、カンボジア、シンガポール、フィリピン、ベトナム、マカオ、中国、バーレーン、インド、インドネシア、イスラエル、サウジアラビア、オーストラリア、ニュージーランド、グアム、サイパン、アルジェリア、ガーナ、エジプト、ナイジェリア、南アフリカ共和国

など、その数を数えるだけでも大変なほどの国/エリアに対応しています。その数、200以上ですので、逆に使えない国を探すほうが難しいでしょう。

しかも、ひとつの国/エリアだけでなく、複数の国/エリアを巡るときに対応できる
「ヨーロッパ周遊プラン」「東アジア周遊プラン」「世界周遊プラン」も用意されています
ので、渡航先ごとに毎回手続きをしなければならないといった手間も経験せずに済みます。

GOLOBAL WiFi

1日から利用でき、長期割引プランもある

GLOBAL WiFiは、1日からレンタルが可能です。国/エリアにより異なりますが、
長期割引が適用されますので「思ったほど費用がかからないな」というのが
実感できるでしょう。

特に複数の国/エリアを移動するとき、このメリットを大きく感じられるはずです。

受け取り/返却がラク

受け取り/返却も国内の主な空港で完了するのが、GLOBAL WiFiの特徴です。

渡航日前少なくとも1日~3日前にサイトから申し込んでおけば、空港内のカウンターで受け取り、そのまま出発が可能です。

また、帰国した際も同じカウンターで返却ができますので、バタバタしがちな出入国の際の「Wi-Fi持ったかな?」「ちゃんと返したっけ?」といった心配もありません。

成田空港第1ターミナル/成田空港第2ターミナル
羽田空港国際線ターミナル
関西国際空港第1ターミナル
中部国際空港(セントレア)
新千歳空港
福岡空港
那覇空港

※受け取り/返却とも、カウンターが開いている時間はそれぞれに異なるので要注意。

もしも、利用する空港が上記にない、もしくは事前に借りておきたいという場合は、
ネットで出発日の4日前までに申し込むと配送料金500円で配送してくれます。
返却も同じく500円で専用封筒を入手し、それにWi-Fiを梱包、ポストに投函で完了です。

GLOBAL WiFiの便利なオプション

GLOBAL WiFiでは、その他渡航先で役に立つ物も貸してくれます。
オプションではありますが、必要に応じて検討してみるのもいいでしょう。

翻訳機のレンタル

GLOBAL WiFiでは、「ili(イリー)」「POCKETALK(ポケトーク)」という、2種の翻訳機を借りることができます。

【ili(イリー)】
日本語で話しかけることで、英語/中国語/韓国語に翻訳してくれます。
“一方通行”ではありますが、ネットの接続は不要で、翻訳まで最速0.2秒という
スピーディーさを持っています。

【POCKETALK(ポケトーク)】
「ili(イリー)」が一方通行であるのに対し「POCKETALK(ポケトーク)」は
“双方向の会話”が可能です。
ネット接続が必要ではありますが、2018年1月現在、63もの言語に対応しています。

相手の言っていることも理解しなければならないビジネスでの旅行であれば、この「POCKETALK(ポケトーク)」を借りてみてください。

ご自身で英語など主要な言語で会話ができれば問題はありませんが、そうでない場合、心強い味方となってくれるでしょう。

マルチ変換プラグ

国外に出る際に必須のコンセント変換プラグですが、購入すると数百円から数千円かかります。特にいくつかの国を回る場合、それぞれにコンセント変換プラグが必要となることも
多いです。

どのようなプラグが適しているか、それを探してどう購入するかもまた、頭の痛い問題です。しかしながら、GLOBAL WiFiなら、1日あたり50円で貸してくれます。

しかも、Wi-Fi利用を申し込んだ国/エリアに適したものを選んでセットしてくれますので、悩んだり、違うものを選んで失敗することもありません。

補償パック

オプションの安心補償パックは「ライトプラン(500円/日)」と
「プレミアプラン(700円/日)」「フリー選択」の3つが用意されています。

ライトプランの場合は、レンタルWi-Fi本体とその付属品、オプションでレンタルした機器全ての紛失や盗難、故障時に修理代金や再調達代金を100%カバーしてくれます。

プレミアプランの場合は上記内容に加え、
自身で持っていく携行品の盗難や破損に関する費用を最大10万円まで補償してくれます。

モバイルバッテリーは持っている場合はフリー選択がおすすめです。
「安心補償パックミニ」「安心補償パックフル」「安心補償パックMAX」から選ぶことができ、それぞれ上記の補償パックと同じ内容で、200円/日安く利用することができます。

※「安心補償パックミニ(200円/日)」は「ライトプラン」と同じ補償範囲で80%カバー

iPadレンタル

パソコンを持っていくには重過ぎる、でもスマートフォンだけでは…というとき、
タブレットが欲しくなるかもしれません。
しかし、購入後日常的に使用しないのであれば無駄な買い物となってしまうでしょう。

GLOBAL WiFiなら、1日あたり500円でiPad第4世代(9.7インチ)または
iPad mini(7.9インチ)のレンタルも可能です。

リコー「THETA S(シータ・エス)」

せっかく海外に行くのであれば、心惹かれた風景をよりリアルに撮影したいと思うことで
しょう。大きなデジタルカメラはかさばるし、スマートフォンのカメラでは物足りない…
そういった方は「THETA S」をレンタルしてみるのもいいでしょう。

お手持ちのスマートフォンに専用アプリを入れ、届いたTHETA Sと連動させれば、
1つの撮影ポイントから360度の画像を撮影でき、その画像をそのまま各種SNSへ投稿することができます。

観光だけでなく、ビジネスでも利便性の高いこのTHETA Sは、購入すると概ね35,000円
ほどかかりますが、GLOBAL WiFiなら1日あたり500円で借りることができ、安価に「思い出」「資料」を充実させることができます。

海外用のWi-Fiはレンタルするのが手っ取り早くて安心

海外へ渡る際気になるインターネット環境ですが、海外で利用できるWi-Fiをレンタルするのが手っ取り早く、なおかつ心配も少ないことがおわかりいただけたと思います。

中でもアメリカに本社のあるGLOBAL WiFiは「世界を渡り歩く人のため」のサービス面において、“かゆいところに手が届く”会社です。
何より世界を相手にしている会社ですので、電話やチャットサポートは24時間と、安心材料は多くあります。

特に一度の旅で複数の国/エリアをまたぐとき、それぞれにWi-Fiの規格が異なったりと
面倒な部分がありますが、これらをまとめて解消してくれるのがGLOBAL WiFiの
特徴といえるでしょう。

-Wi-Fiレンタル, GLOBAL WiFi

Copyright© Wi-Fiネット , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.