Wi-Fiと無線LANは何が違う?Wi-Fiで何ができる?についてまとめてみました!

更新日:

インターネットの利用は、今ではそのほとんどがワイヤレス(ケーブルなし)で
行われています。代表的なものとしてスマートフォンやタブレットなどがありますね。

ノートパソコンなどを出先で使いたい時にも、Wi-Fiが使用できる駅やカフェを探して、そこでネットを使うという人もけっこういるかと思います。

現代では欠かせないこれらのネットの技術ですが、Wi-Fiの他にも似たような場面で使われる言葉として「無線LAN」というものがあります。どちらもよく目にする言葉ですが、これらに違いはあるのでしょうか?

今回はそういった「Wi-Fi」と「無線LAN」の違いやインターネットの仕組みについて解説していきます。

Wi-Fiについて

Wi-Fiとは、インターネット回線への接続をワイヤレスで行うためのもので、
様々な電子機器をネットにつなぐための規格のことを指します。

Wi-Fiを自宅で利用する場合、固定回線からモデムまたは光回線終端装置(光モデムと呼ぶこともあります)を経由して、ルーターと呼ばれるものを使って電波を飛ばします。

Wi-Fiルーターの説明
この「ルーター」は、元々は1本の有線のLANケーブルを複数本に分けてネットを利用するために使われていましたが、最近では電波を飛ばす機能を持っている「Wi-Fiルーター」がほとんどになったため「ルーター=ネットを無線で使うためのもの」という考え方が定着するようになりました。

これがいわゆるWi-Fiですが、特定のインターネット回線提供業者から貸与される光回線終端装置そのものに、Wi-Fi機能がついているものもあります。

光回線終端装置にWi-Fi機能がついていない場合は、ネットやお店でWi-Fiルーターを購入して繋ぐ必要があります。このとき、Wi-Fiマークが付いたものを選ぶ必要がありますが、今ではWi-Fiの機能がついていないルーターを見つけるほうが難しいはずですので、その点では心配しなくても大丈夫です。

Wi-Fiの定義

Wi-Fiとは、1999年に発足したWi-Fi Alliance(旧Wireless Ethernet Compatibility Alliance)により認証された製品のことを指します。

それまでもワイヤレスで製品同士を接続したり、インターネットへの無線接続を提供する企業はありましたが、他社の製品との互換性が担保されていなかったため、決められた組み合わせでないと無線で接続できない、使いづらいものとなっていました。

この問題を解消するため、IEEE 802.11(アイ・トリプルイー・ハチマルニー・テン・イチイチ)と呼ばれる無線の国際規格が定められたのです。

この規格が定められた時点で、最大11Mbps(現代のネット動画も問題なく見れるレベル)の速度での通信が可能となり、この規格に適合した製品同士であれば、どれとでも接続できることも確認され、ワイヤレス通信が一般的になるきっかけができたのです。

そして、多くのメーカーがこの規格に沿った製品を多く製造するようになりました。

Wi-Fiは器機同士をワイヤレス接続するためにも使える

近年の家電製品は、Wi-Fiに対応したものが多くあります。

パソコンはもちろん、テレビやプリンターに至るまでがWi-Fiで繋ぐことができます。
これによって、パソコンとプリンターをUSBケーブルでつなぐ、という旧来の使い方だけでなく、スマートフォンやタブレットからもプリンター出力ができるようになりました。

また、パソコンやスマートフォンに取り込んだ音楽データや動画をWi-Fi対応のテレビで再生したり、逆にテレビ番組を他のデバイスへ飛ばして手元のデバイスで見ることができたりと、その楽しみ方が増えています。
これを「ホームネットワーク(家庭内LAN)」と呼び、1台のWi-Fiルーターにつなぐことでセキュリティ面でも安心なネットワークをつくることができます。

これらはLANケーブルなしで実現できますので、場所に縛られることもありません。自宅内のWi-Fi電波が届く範囲内でならどこでも使える、という利便性が得られるようになっているのです。
最近流行りのスマートスピーカーも、Wi-Fiがあってこそです。このように増加していくWi-Fi対応家電製品は今後も増えていくことでしょう。

自宅でスマホやタブレットを使うときに通信容量を気にせずに済む

ソフトバンクやドコモなどの携帯電話キャリアやMVNO(格安SIMを取り扱う会社)でスマホやSIMを契約する時に、月間で使用するデータの通信容量と月額料金を見比べてどのプランにしようか悩んだという人も多くいると思います。

実はこれを安く抑えるためにも、自宅内のWi-Fi環境を整えるのはけっこう重要です。

スマートフォンやタブレットのWi-FiをONにすると、近くにあるWi-Fiの一覧が現れます。
現在利用中のWi-Fi名称をタップし、Wi-Fiルーターにつなぎこむためのパスコード(パスワード・暗号化キーと書いてあることもあります)を入力します。

スマホでのWi-Fiの接続方法

※スマートフォン・タブレットの機種やOSによって画面が多少異なる場合があります。

一度この作業を行っておけば、自宅にいる間はスマホやタブレットが自動的にこのWi-Fiの電波を利用するようになるので、データ通信容量は一切気にせずにインターネットを楽しむことができます。

もしも動画やゲームアプリなどデータ通信量の多いものを自宅で楽しむことが多いのであれば、必ずこの作業は行っておきましょう。
こうすることで、外出先で利用するパケット容量を充分に残しておくことができたり、プランそのものを見直すことができ、通信料金を安くすることができるのです。

無線LANは何を意味しているの? Wi-fiとの違いは?

結論からいうと、無線LANとWi-Fiとの違いはほぼありません。
無線LANというカテゴリの中に、Wi-Fiが存在すると理解しておけば問題ありません。

有線LANから無線LANへと移行する頃は、その接続をするためのパーツは高価であったのと同時に、通信速度も遅く、なおかつ異なるメーカー間での接続ができなかったりと問題も多く、普及には時間がかかりました。

ちょうどその問題が起きていた頃、パソコン用パーツを販売していることでも有名な
「インテル社」がHomeRFという無線通信の規格を発表し、アップル(旧アップルコンピュータ)がAirPortと呼ばれるIEEE802.11b規格の無線LANシステムを発表、これに呼応する形でIEEE(米国電気電子学会)が統一に乗り出し、現在もまだ利用されているIEEE 802.11n規格を2009年に策定したという歴史があります。

この規格の統一により、無線LANという考え方の中に、「Wi-Fi」という共通語が現れたという流れになります。そして、互換性だけでなく、通信内容の暗号化方法なども定められ、適宜この暗号化方法は見直されて、新しく安全なものになってきています。

Wi-Fiでできることは増えている

自宅でのWi-Fi環境を整えて、様々なものをインターネットに接続することで、多くの利便性を手に入れることができます。

たとえば、自宅のテレビがHDMIに対応していれば、Amazonの「Fire TV」やGoogleの「Chromecast」を接続し、Wi-Fiを使ってネット動画を大画面で楽しむことができます。Wi-Fi通信機能を持ったゲーム機をWi-Fiにつなげれば、自宅内のどこでも通信プレイを楽しむことが可能になります。

また、ネットワークハードディスクとも呼ばれるNAS(ナス)を購入してテレビの録画機として使用すれば、テレビの前でなく寝室でも録画した番組をスマートフォンやタブレットで見ることができます。

さらにはWi-Fi通信機能を持ったデジタルカメラからこのNASへデータを送信し、保管することもできます。
設定をすればこのNASに入っているデータ(動画や音楽など)は外出先でも利用することができるので、場所に縛られずに大容量のデータを持ち歩くこともできます。
近年注目されている「ペット用カメラ」もまた、ホームネットワークにつないだカメラを利用しているもので、外部からホームネットワークにアクセスできるよう設定することで見守りができるようになります。

このように、自宅内のWi-Fi環境を見直し、Wi-Fi対応の家電製品を適切につなぐことで、便利で快適な生活を送ることができます。現在使っている家電製品がWi-Fi対応であれば、必要に応じて積極的に繋いでみましょう。

今話題の「IoT」にもWi-Fiが不可欠

現在、CMなどでもよく目にする「IoT」にも、Wi-Fiが欠かせません。
IoT(アイ・オー・ティー)とはInternet of Thingsの略で、モノのIT化や、それによって利便性を得ることを指す言葉です。

高齢化の進む日本において特に注目されているのが、「見守りコンセントWiFi-Plug」や「Qrio Hub(キュリオ・ハブ)」などです。

見守りコンセントWiFi-Plugは、コンセントとそこにつなぐ家電製品との間に挟む製品です。使用する家電製品の稼働状況をWi-Fi経由でクラウドサーバーに保存し、不自然と判断したときは家族の持つスマートフォンアプリへプッシュ通知してくれます。

Qrio Hub(キュリオ・ハブ)は、スマートフォンアプリを使ってドアのロックを施錠/開錠するものです。それと同時に開錠されたことをほぼリアルタイムで知ることもできますので、高齢の親御さんの外出状況を確認するひとつの方法となってくれます。
もちろん、親御さんの家だけでなく、自身の家でも使えます。「慌てて出てきたけど、ちゃんと鍵をかけたかな」「子どもはちゃんと約束の時間に帰ってきたかな」といった不安を払拭してくれますし、防犯面の心配も減らしてくれます。

このように、私たちの暮らしに自然に寄り添ってくれる製品も今後増えてくるはずですので、自宅に固定のネット回線を引いているのであれば、Wi-Fi化してこのような家電製品をつないでおき、もしもの時に備えておくのもおすすめです。

Wi-Fiを上手に活用して生活をもっと便利にしよう!

Wi-Fiと無線LANの関係はなんとなく分かっていただけたでしょうか。
厳密には違いはあるものの、今では「同じもの」として考えても問題ないものでした。

世界で規格を統一し、他社のメーカー製品とも自由に接続できるまでになった「Wi-Fi」は、私たちの暮らしの中のあちこちに存在します。
そのため、今では自宅で利用するインターネット回線をWi-Fi化しているかどうかが、暮らしの利便性を左右するほどになっています。

光回線終端装置がWi-Fi対応であればそれを活用する、もしもWi-Fi対応でなければWi-Fi機能つきルーターを購入してホームネットワークを構築しましょう。
そうすることで、家のどこにいてもパソコンやスマートフォン、タブレットでネットを楽しむことができますし、Wi-Fi対応の家電製品があれば、それらをより有効活用できるようにもなります。

まだまだ発展途上にあるWi-Fiの技術ですが、今後はさらに対応の製品が増え、その便利さも増していくはずです。必要と思われる家電製品があれば、Wi-Fiに対応しているかを確認してみてはいかがでしょうか。思わぬ快適性を手に入れることができるかもしれません。

-コラム

Copyright© Wi-Fiネット , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.