評判がほとんどないJ-WiFiを代わりにレビューしてみた【知名度低いけど良サービスです】

みなさんはJ-WiFiというサービスを知っていますか?

ひとことで言うとポケットWiFiを格安でレンタルできるサービスなのですが、正直言ってこれの知名度が恐ろしいほどに低い。。。

どのくらい低いのかというと、Twitterを見ればどんなポケットWiFiサービスでも多少は口コミがあるんですが、J-WiFiに関しては0に等しいほどに口コミがない…それくらいに低いです。

そう聞いてしまうとやはり

・え、なにそのサービス…やばいんじゃないの?

・誰も使ってないんじゃロクでもないサービスなんじゃ…

・そんなサービス不安と不安しかないわ

なんて声が聞こえてきそうですが…(笑

でもご安心を。ロクでもないサービスでもなければ変な怪しいサービスでもないんです。
僕が実際に使って試してきましたが、ぶっちゃけ良サービスです。

使った感想としては、いたって普通のレンタルWiFiサービスで、むしろ細かな気配りさえ見て取れた満足のいくサービスでした。

色々突っかかる部分はあると思いますが、今回はそんな評判のほとんどないJ-WiFiをレビューしていきたいと思います。

J-WiFiの基本スペックについて

J-WiFiはポケットWiFiをレンタルすることができるサービスです。

基本的なスペックは以下の通り。

月額料金 2,600円~4,950円
1日あたりの料金 86円~165円
使えるデータ量 SoftBank機種:1日3GB
WiMAX機種:3日10GB
通信速度 112.5Mbps~440Mbps
レンタル期間 1日~6ヶ月
取り扱い機種 SoftBank 601HW・607HW
WiMAXW04・W05
配送料 関東:990円
それ以外:1,100円
返送料 無料

分かりやすくするために「月額料金」と書きましたが1日からでもレンタルはできます。

期間については申し込み時に指定可能で、使い始める日と返却する日それぞれ選ぶことができます。

ギリギリに申し込むと当日に受け取れない可能性もあるので、使いたい日にちが分かっているのであれば事前の申し込んだほうが安全です。

詳しいスペックや料金は公式サイトからチェックしてみてください。

J-WiFi公式サイト

レンタルと普通に契約した場合の違い

レンタルの場合はあくまで借りるだけなので、普通に契約した場合と違う点がいくつかあります。

・機種代や初期費用が無料

・初期設定は終わってるので電源をつけるだけでそのまま使える

・レンタルなので解約違約金が0円

・最短1日から利用できる

配送料がかかる

新品は使えない

全体的に手軽な感じですね。

レンタルなので機種代もかからないですし、配送料も1,000円程度なので初期費用に比べれば全然安いです。

また、初期設定が終わってるので届いたらすぐ使えますし、面倒な解約手続きとかもないので返すときも楽なのは便利ですね。

ただ当たり前ですがレンタル品は全て中古です。
バッテリー状態はまちまちだったりするので、そこは気にかけておいたほうがいいかもしれません。

自分の場合は、フル充電からの持ち時間は3時間くらいでした。

J-WiFi使って分かったメリット・デメリットについて

使って分かったメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

・とにかく安い

・返送料タダ&返送袋つけてくれる

・当日発送なのですぐ使える

デメリット

・聞いたことないサービスだから不安

・無制限の端末がない

メリット1:とにかく安い

J-WiFiの最大のメリットはなんといっても安さにあります。

この「安さ」が尋常じゃなくて、たとえば1ヶ月以上レンタルする場合は他サービスの半額以下で借りれるほど安いケースが多く、コスパとしてはダントツ1位の状態になっています。

仮に、月間データ量制限のないポケットWiFiを1ヶ月レンタルした場合の値段を有名なレンタルサービスと比べてみましょう。

サービス名 1ヶ月の料金
J-WiFi 3,600円(2,600円)
WiFiれんたるどっとこむ 5,019円
WiFi東京レンタルショップ 6,000円
モバイルゲート 5,040円
88モバイル 4,500円

けっこうざっくりした比較ですが、相場と比べて圧倒的に安いことが分かると思います。
ヘタに普通のポケットWiFi契約するよりもよっぽど安いんじゃないんでしょうか。

カッコ内の値段は初回クーポンを使った場合の値段です。
クーポンと言ってもサイトに行くだけで自動的に表示されるタイプのものなので、誰でも利用することができます。

また、上記の表には配送&返送料金が含まれて居ませんが、そちらの料金についてもJ-WiFiが1番安いです。
詳しい部分は下で説明します。

メリット2:返送料タダ&返送袋つけてくれる

ポケットWiFiをレンタルしたときは基本、宅配便で送られてくるのですが、J-WiFiの場合は返送用のレターパックライトを宛名つきで一緒に送ってくれます。

返送の作業って思った以上にお金も手間もかかるので、こうした気遣いは嬉しいですよね。
ちなみにレターパックっていうのはこれのことです。

前払いで買うタイプの大きな郵便封筒のようなもので、これを一緒に入れてくれてあります。
そのため返送料は一切かかりません。

また、宛名がすでに入った状態なので、返すときはそれに借りた端末を入れて送り返すだけでOKです。

メリット3:当日発送なのですぐ使える

あとは他のレンタルWiFiに比べて発送が早く、16時までの申し込みであれば当日発送してくれるので受け取りが早いのも嬉しいところです。

旅行などの前もって日にちが分かっていてレンタルする場合などは良いのですが、そうじゃない場合にこれは大きなメリットになります。

たとえばこんなケース。

・スマホ使いすぎて速度制限かかっちゃったから今すぐどうにかしたい

・引っ越し先がインターネット完備かと思ったらなんか使えなかった

・事故って入院したので急にポケットWiFiが必要になった

こうしたケースの場合、たぶん事前に日にちを知ることはできないはずです。
そしてすぐにでも代替のポケットWiFiが必要になると思います。

僕の場合は今使ってるWiMAXが速度制限かかってしまったのでJ-WiFiを使ったんですが、16時までの申し込みだったので当日発送してくれました。

そして日時や時間の指定もできるため、最短で翌日の午前中には使い始めることができます。

時間指定できるレンタルWiFiサービスは意外と少なかったりするので、確実に受け取れるメリットはなかなか大きかったりします。

デメリット1:聞いたことないサービスだから不安

安くて早い!WiFiレンタルするならここしかないよね!ということが分かったとしてもネックになってくるのがここ。

聞いたことないサービスってだけでもけっこう不安になってくるのはあるあるだと思います。

当たり前ですよね。だって、誰も知らない・使っていないということはどんなものかも分からないのだから。

たとえば、ふりかけを買おうとした時に

・永谷園の「おとなのふりかけ」

・丸美屋の「のりたま」

・神戸物産の「たまごふりかけ」

この3つが並んでたとしたら、あなたならどれを買いますか?
たぶん永谷園か丸美屋で迷いますよね?

神戸物産というあまり聞いたことがないところの商品は自然と選択肢から外れているはずです。

ちなみに神戸物産のたまごふりかけは、業務スーパーに売ってる安いふりかけなのですが、個人的には丸美屋ののりたまより美味しくて好きだったりします。

ただネームバリューがないので上記2つに比べると全然売れてません。
J-WiFiもこれと同じことが言えます。

意外と知られていない良サービスなのですが、聞いたことがないために不安だという人は多いかもしれませんね。

デメリット2:無制限の端末がない

NEXTmobileやどんなときもWiFiなど、最近無制限のポケットWiFi増えてますよね。
J-WiFiではそうした「完全に無制限な端末」は使うことができません。

J-WiFiではSoftBank端末とWiMAX端末のどちらかが選べるのですが、それぞれ月間制限はないものの、1日もしくは3日の制限が設けられています。

SoftBank端末:1日3GB(速度制限時128kbps

WiMAX端末:3日10GB(速度制限時1Mbps

使える量はどちらもほぼ同じくらいですね。

1日3GBはけっこうな量ですが使い切れなくもないです。
とくにゲームとかソフトをダウンロードをした日とかは注意ですね。

じゃあ逆に「レンタルWiFiで無制限のものはあるの?」と言われたら残念ながらそれもないのですが、WiFiレンタルどっとこむだと1日10GB使えるSoftBank端末はあります。

ただ、送料含めると月額8,000円以上もするのでコストと要相談です。

少しくらいなら遅くてもいいよって人はWiMAX端末が速度制限ゆるいのでおすすめです。

J-WiFiで実際にレンタルしてみました!

ここからは実際にJ-WiFiを使ってみたレビューをしたいと思います。

今回は速度制限がかかったWiMAXの代わりが一時的に欲しかったのでJ-WiFiを利用しました。

まずは公式サイトからJ-WiFiを申し込み

まずは公式サイトから申し込み。
速度制限で困っていたので、翌日から1ヶ月間で期間を選択。

端末は格安で使えるSoftBankの607HWを申し込みました。
外には持ち歩かないので安心補償パックもなしでとことん安くしていきます。

ここでの表示上の料金は送料含めて4,590円になりますが、後でクーポンを入力する画面が出てくるのでそこでクーポンを入力すれば1,000円割引で利用することができます。

送料込みでも3,600円くらいで使えちゃうってなんかすごいですよね。

申し込みが終わるとこんな感じでメールが届きます。

このあと発送時も追跡番号を載せてメールをくれます。
こうした細かい気遣いが嬉しいですね。

ちなみに、この「ご利用ポイント:1,000ポイント」ってところがクーポンです。
初回なら誰でも使えるので申し込むときは絶対に使っておいたほうがいいです。

クーポンの利用方法については以下の記事を参考にしてみてください。

【感想】JWiFiでポケットWiFiをレンタルしたら意外と便利だった

申し込んだ翌日に端末が届きました!

申し込んだのは16時ギリギリだったのですが、しっかり翌日に端末が届きました。
早い上に時間の指定もできたので、確実に受け取れるのは嬉しいですね。

中身はこんな感じ。

充電器やコンセント、ポーチなどもセットになっています。

左にあるのが返却用のレターパックですね。
レンタルWiFiを返すときはこれに入れてからポストに投函して返却します。

説明書などもしっかり入っているので初めてでも迷うことなく使うことができました。

通信速度は22Mbps前後という結果に

届いた端末で速度を測ってみたら22Mbpsという結果に。
PING値とかアップロード速度とかは測るの忘れてしまいました、スミマセン。。。

通信速度はSoftBank回線なせいかWiMAXよりもかなり安定している印象を受けました。
何回計っても20Mbps前後でそんなに落ちたりもなく使えますね。

そしてこの22Mbpsって無線接続にしてはけっこう速いです。
WiMAXがいつも4~18Mbpsくらいなので、いつもよりネットもサクサクでいい感じでした。

返却時はレターパックに入れてポストに投函するだけでOK

最後に利用期限内に端末一式をレターパックライトに入れて返却しましょう。

レターパックライトは厚み3cmまでなので、端末や備品はポーチから出してレターパックに入れる必要があります。

図としては以下のような感じですね。

レターパックに切手を貼る必要はなく、かつ宛名も入ってるのでそのままポストに入れればOKです。

もしポストに入るか不安であれば、近くの郵便局でも受け付けているのでそこに持っていけば大丈夫です。

まとめ

最後に今回のJ-WiFiの内容をまとめておきます。

・一般的なレンタルWiFiの半額程度でレンタルできる

・返送袋つきなので手間が少なく初めての人にもおすすめ

・データ量は多いけど無制限ではないので注意が必要

・J-WiFiは名前は知られてないけど良サービス

J-WiFiのほかにもいくつかレンタルWiFiサービスは利用したことがあるんですが、それらと比べてサービスが悪いということはなかったです。

むしろレンタル中の手間は少なくて便利でした。
名前こそ知られていないものの、けっこうな良サービスと言えるでしょう。

以下のリンク経由で1,000円クーポンがもらえるので、レンタルWiFiの利用を検討している方はぜひ使ってみてください。

J-WiFi公式サイト

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
小林

小林

もともと光回線を使っていましたが、ポケットWiFiのほうが料金含めて様々なメリットがあることが分かったため、半年前にWiMAXに乗り換えました。 今でもレンタルWiFI使ったりして色んなポケットWiFiを試しています。 ゲームも好きで、暇があればスマホをいじってたりします。

-レンタルWiFi

Copyright© Wi-Fiネット , 2020 All Rights Reserved.