【料金そのまま】WiMAXの5GHzを使って高速でネットを楽しむ方法【ネットが安定します】

こんにちは、ワイファイブロガーの小林です。

WiMAXのモバイルルーターをいじってると「Wi-Fi設定」とかいう謎の項目があって、そこに2.4GHzと5GHzとかいうこれまた謎のよく分からないものを選ぶことができますよね。

今回はその謎の5GHzのお話です。

・5GHzってなに?なんか便利なものなの?

・5GHzにしたほうが良いって言われたけど料金とかかからないの?

・ハイスピードプラスエリアモードみたいにデメリットとかないの?

こうした疑問にお答えしていきます。

まず結論から言うと、5GHzに変えても追加料金はかかりませんし、ハイスピードプラスエリアモードみたいなデメリットもありませんので安心して使ってみてください。

とはいえこの5GHz、ちょっとくせのある周波数帯でして、よく理解して使わないとかえって不便になってしまう点もあるので注意が必要です。

ここではその5GHzの使い方とメリットについて詳しく説明したいと思います。

WiMAXの5GHzってなに?どんなメリットがある?

じゃあ結局5GHzってなに?という話なのですが、これは周波数帯のことです。

周波数というのは電波の種類のようなもので、それぞれに特徴があります。

2.4Ghz → 障害物に強いものの、家電から出る電波に弱い

5GHz → 家電などから出る電波の干渉に強く、通信速度も速い

たとえば2.4GHzだったら、WiMAXルーターと使う機器が離れていても、壁や障害物に強い性質をもっているので問題なく電波を届けてくれます。

しかし、2.4GHzの周波数は汎用性が高いため、Bluetoothや電子レンジなど色んな家電で使われており、これらの家電から出た電波と邪魔しあう性質ももっています。

WiFiでネットを使いながらBlutoothのマウスを使うとポインターに遅延が出たりしますが、それはこの電波の干渉が原因です。

それに対して5GHzの場合は家電にはめったに使われないため干渉することなく、かつ2.4GHzより通信速度も速いため、高速かつ安定してネットが使えるのです。

ただ、5GHzの周波数帯は壁などの障害物に弱い性質をもっているので、できるだけ使う機器とモバイルルーターは近づけて使うようにしましょう。

WiMAXでは5GHzと2.4GHzを切り替えることができる

一般的なポケットWiFiでは、2.4GHzしか使うことができませんが、WiMAXでは2.4GHzと5GHzの2つの周波数帯を切り替えることができます。

モバイルルーターの設定からWi-Fi設定へ行き、周波数と書いてあるところをタップすれば変えれます。

5GHzに変更するとDFSチェックというのが始まって少しの間ネットが使えなくなりますが、1分くらい待てば使えるようになります。

WiMAXの5GHzの注意点について

最初にも言ったとおり、5GHzは便利なのですがちょっと癖のある周波数帯でもあります。

5GHzの注意点は以下の2つです。

・5GHzは対応していない機器では使えない

・屋外だと安定して使えないことがある

5GHzは対応していない機器では使えない

ほぼ全てのポケットWiFiでは2.4GHzが使われている点からも分かるとおり、2.4GHz帯はかなり汎用性が高い周波数帯です。

そして同時に、ほぼ全てのスマホやタブレット、パソコンの無線子機などでもこの2.4GHzの電波は受け取ることができます。

じゃあ5GHzはどうかというと、まだ対応していないスマホや無線子機が稀にあったりします。

僕が見てきた中では、特に安いタブレットや無線子機などは2.4GHzしか対応してないことが多かったです。5GHzを使いたいのであればよく見て選ぶようにしましょう。

周波数帯は送る側と受ける側がどちらもその周波数を使えなければダメなので、WiMAXだけ5GHzを使えても受ける側が使えなければ意味がないのです。

ただちょっとした裏技もあって、対応していない機器で5GHzを使いたい場合は、有線接続で対応させるという手があります。

この方法、USBで接続するだけで簡単にできる上、速度もアップするのでおすすめです。

詳しいやり方は以下で解説しています。

【爆速】WiMAXを有線接続してみたら速度が10倍になった【やり方も解説】

屋外だと安定して使えないことがある

5GHz帯では、気象レーダーとの電波の干渉を避けるために、切り替えたときにDFSチェックというのを行います。

このチェック自体は1分程度で終わり、屋内で使う分には1回しか行われないので問題ないのですが、屋外で使う場合は少し話が別になってきます。

というのも、屋外で使う場合はレーダーとの干渉によって通信が切断されることがあるからです。

5GHz帯に変更する際には以下のような注意書きが表示されます。

Wi-Fi 5GHz帯は電波法により、W56チャンネルは屋外でご利用になれますが、W52/W53のチャンネルは屋外でのご利用が禁止されています。

画面にホームマークが表示されている際は屋内でご利用ください。

屋内であれば3つのチャンネルが使えるため、どれか1つが使えれば安定して使うことができますが、屋外の場合はレーダーに引っかかってW56チャンネルがダメだった場合は代わりのチャンネルがないためそのまま通信が切断されてしまいます。

そのため、屋外で移動しながら使う場合には5GHzはけっこう不向きだったりします。

とはいえ自宅で使う分にはメリットは多いのでどんどん使っていこう

5GHzについてまとめると以下のような感じになります。

・5GHz帯は通信速度が速く、ネットも安定して使うことができる

・5GHzに対応していない機器だとネットは使えない(有線接続で解決可能)

・屋外ではレーダーとの干渉もあるためやや不向き

という感じで、冒頭でもお話したとおり、ちょっと癖のある周波数であることが分かったかと思います。

とはいえ、自宅で使う分には有線接続で解決できる点も含めてメリットがかなり多く、5GHzを選んだほうが良いケースも多いです。

5GHzに切り替えたからといって変な追加料金が発生することもありませんし、いつでも戻すことはできるので、まだ5GHzを利用していないのであればこの機会にぜひ使ってみましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
小林

小林

もともと光回線を使っていましたが、ポケットWiFiのほうが料金含めて様々なメリットがあることが分かったため、半年前にWiMAXに乗り換えました。 今でもレンタルWiFI使ったりして色んなポケットWiFiを試しています。 ゲームも好きで、暇があればスマホをいじってたりします。

-WiMAX

Copyright© Wi-Fiネット , 2020 All Rights Reserved.