WiMAXで10GB以上使いたいなら、昼メインの使い方をすればOKです【夜は中低速】

WiMAXのギガ放題プランといえば有名なのが3日間10GB制限。

直近の3日間で10GB以上使った場合に速度制限がかかるというやつですね。

最近では1日3.3GB程度は簡単に使える時代になってしまったため、WiMAX利用者の悩みの種となっています。そこで今回は

・WiMAXで3日間10GB以上使う方法を知りたい

・制限を気にせずとことんネットを使うにはどうすればいい?

こうした疑問にお答えしていきます。

結論としてはタイトルにもある通り、昼メインの使い方をすればOKです。

というのも、WiMAXのギガ放題プランはほかのポケットWiFiと速度制限のルールが少し違い、昼はどれだけネットを使っても速度制限がかからないからです。

これを理解して使い方を工夫していけば3日間10GB以上は簡単に使うことができます。

今回は「WiMAXで10GB以上使う方法」について詳しく解説していきます。

WiMAXで10GB以上使いたいなら昼メインの使い方をしよう

WiMAXのギガ放題プランでは、他のポケットWiFiと違って使えるデータ量や速度制限がかかるルールが少し違います。

具体的には以下の2つです。

・ギガ放題プランで速度制限がかかるのは18時以降

・速度制限時も速度は1Mbps出るのである程度ネットが使える

・3日間以前のデータ量はリセットされる

ギガ放題プランで速度制限がかかるのは翌日の18時以降

ギガ放題プランで速度制限がかかるルールは以下のとおりです。

・速度制限は10GBを使った翌日の18時~2時までかかる

・10GBを超えていても18時~2時以外の時間帯では速度制限はかからない

翌日から速度制限がかかるので、使い切った当日は制限なく使える

通常ポケットWiFiでデータ量を使いきると、使い切った瞬間に速度制限がかかりますが、ギガ放題プランの場合は使いきった日の翌日の18時~翌日2時まで速度制限がかかります。

実際にWiMAXを使って何回か試してみましたが、翌日の18時10分~15分くらいから急に速度が落ちることが多かったです。

また、速度制限がかかるのは使い切った日の翌日なので、使い切った当日は速度制限なく使うことができます。

そして、3日間のデータ量が10GBを超えていても18時~2時以外の時間帯であれば速度制限がかかることはありません。

という感じに、そこそこ速度制限がゆるいことが分かるかと思います。

速度制限時も速度は1Mbpsなのである程度ネットが使える

これもちょっと嬉しいところで、普通は速度制限というと128Kbpsなのが一般的ですが、WiMAXでは速度制限がかかる時間帯でも1Mbpsの速度でネットを使うことができます。

一般的な速度制限が128Kbpsなので、約8倍ほどの速度が出ることになります。

通信速度を何回か測ってみましたが、通常時と違ってブレ幅はなく、1Mbpsで安定していました。

そこまで速くもないですが、中低速って感じですね。

128Kbpsだと、低画質動画を見始めるのさえ1分以上かかるのでほぼ使い物になりませんが、1人で動画を見たりスマホゲームをする程度ならけっこう問題なく使うことができます。

3日間以前のデータ量はリセットされる

これもちょっと変わっている部分です。

通常は1ヶ月単位でデータ量が計算されますが、WiMAXの場合は直近の3日間のデータ量のみで計算されています。

そのため、たとえば日曜日に200GBネットをまとめて使ったとしても、3日間経ってしまえばその分はリセットされ、速度制限はかからなくなります。

そして1度速度制限がかからなくなれば上でも説明したとおり、1日(データを使い切った当日)は昼も夜も関係なく自由にネットを使うことができます。

ここを理解して効率よく使えば3日間10GBどころか100~200GBは簡単に使えると思います。

3日間のデータ量はどこで確認できる?

使っている端末の画面下もしくはパソコンにUSBで繋いでプロパティを開けば確認できます。

端末で確認する場合

WiMAXのモバイルルーターで直接確認したい場合は、モバイルルーターの画面下に表示される「通信量カウンター」を見ればOKです。

赤く囲ってある部分ですね。

もし表示されていない場合は、「設定」→「ステータス」→「通信量カウンター」から3日間を選べばOKです。

プロパティから確認する場合

プロパティから確認したい場合はモバイルルーターをパソコンにUSBで繋ぎましょう。

すると、現在使用しているWiMAXのプロパティが自動で開くので、そこの通信量カウンターというところを見ればOKです。

↓ここですね。

WiMAXを10GB以上使うには具体的にどうすればいいのか

ここまでギガ放題の速度制限のルールを簡単に説明しましたが、ここからは実際にどんな使い方をすればいいのかというところについて、使い方の例をあげていきたいと思います。

そこで具体的な使い方を2つのパターンに分けて説明していきます。

・普通に昼メインで使える人

・土日に思いっきりネットを使うパターン

普通に昼メインで使える人

フリーランスの方や夜勤の方など、既に昼メインで使える人です。

昼に好きなだけネットを使う

夜は中低速でネットを使う

これはもう言うまでもないですね。
普通に速度制限のない昼メインで使って夜はのんびりネットを使うだけです。

WiMAXはもともとの速度が速い上に、昼は一切速度制限がかからないので、こうした使い方とはかなり相性が良いです。

特に意識せずとも3日間10GBなんてあっという間に超えると思います。

となると、考えるのは夜の時間帯の使い方だけです。
常に10GBを超えるため、夜はずっと1Mbpsの速度制限がかかった状態になります。

「夜にパソコンを使う場合はスマホはWiFi接続しない」「ダウンロードなどは昼のうちに済ませておく」など、工夫して使えば夜も快適に使えると思います。

休日に思いっきりネットを楽しみたい人

仕事をしていて平日は時間が取れない人などですね。

平日はそんな使わない

休日に思い切りネットを使う

この場合は平日の昼にネットを使うのは厳しいので、土日の昼に絞ってネットを使っていくのがおすすめです。

特に、平日で速度制限がかからないように10GB以下に調整しておけば、金曜日や土曜日の夜も速度制限なく使えるので、より使い込みたい場合はこのパターンもおすすめです。

金曜日や休日で10GB以上ネットを使う → 平日で3日間制限を解除するという流れですね。

休日のうちに動画や音楽のダウンロード、アプリのアップデートなどを済ませておけば平日でも10GBオーバーしにくくなるのでおすすめです。

まとめ

ということで、最後に今回の内容をまとめておきます。

・WiMAXは18時までは速度制限がかからないので昼間は制限に関係なくネットが使える

・データ量を使い切った翌日から速度制限はかかるので、当日は制限関係なく使うことができる

・速度制限時も1Mbpsは出るのである程度はネットを使うことができる

・気にするべきは直近の3日間のデータ使用量だけ。それ以前の分はリセットされる。

こんな感じで他のポケットWiFiとちょっとルールが違うというか緩いところがあります。

そしてこれらのルールを知っておけば、使いたいときに使いたいだけネットを使うことができると思います。

また、高速でとことんWiMAXを使ってオンラインゲームや動画を楽しむのであれば、やはり有線接続は欠かせません。

僕も実際に試してみたのですが、無線と有線で通信速度に10倍近くの差があり、まるで別回線かのようにネットを快適に使うことができました。

やり方については以下の記事にまとめてあるので参考にしてみてください。

【爆速】WiMAXを有線接続してみたら速度が10倍になった【やり方も解説】
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
小林

小林

もともと光回線を使っていましたが、ポケットWiFiのほうが料金含めて様々なメリットがあることが分かったため、半年前にWiMAXに乗り換えました。 今でもレンタルWiFI使ったりして色んなポケットWiFiを試しています。 ゲームも好きで、暇があればスマホをいじってたりします。

-WiMAX

Copyright© Wi-Fiネット , 2020 All Rights Reserved.