WiMAXを田舎で安全に使うにはどうすればいい?←3段構えで解決しよう

WiMAXを田舎で安全に使うにはどうすればいい?

こんにちは、ワイファイブロガーの小林です。

現在、田舎でWiMAXを使いながら暮らしています。

・WiMAXを田舎で使いたいんだけど使えなかったらどうしよう…

・確実に失敗しない方法を知りたい

今回はこうしたお悩みを持った方向けの内容となっています。

WiMAXなどのポケットWiFiは工事がなく手軽に使うことができますが、やはり気になるのは「田舎でもしっかりネットが繋がるのか」という点ですよね。

僕は当時、エリアとか知らなかったので特に何も考えずにWiMAXを契約して、結果的に田舎でも問題なくWiMAXが使えましたが、今考えるとちょっと怖いですね;

やはり事前の保険というか、抑えておくべき部分はしっかり押さえておくべきだったと今では思います。

ということで今回は田舎で安全にWiMAXを使う方法を解説していきます。

WiMAXを田舎で使う際に抑えておきたいポイント3つ

WiMAXを田舎で使う際に抑えておきたいポイント3つ

WiMAXを田舎で使う際には、基本的に以下の3つを抑えておけば大丈夫です。

・エリアチェック

・初期契約解除の準備

・有線接続

事前のエリアのチェックは必須

猫にも杓子にも、まずは利用可能エリアかどうかのチェックをしましょう。
WiMAXに限らず、田舎でポケットWiFiを使うのであればエリアチェックは必須です。

特にWiMAXでは通常のエリアチェックに加え、住所を指定してピンポイントで使えるか使えないかを判定してくれるピンポイントエリア判定が利用できます。

ピンポイントエリア判定

ここで○の判定が出ていればほぼ間違いなく使えると思います。
そのまま契約に踏み切っても大丈夫でしょう。

△や×だった場合は、時間帯や日にち、場所によって使えないことがけっこうあります。
さっきまで15Mbps出てたのに、5分後にはいきなり4Mbpsまで落ちてるとかザラです。

その場合はちょっと厳しいので、素直に別のポケットWiFiを選ぶことをおすすめします。

【失敗しない】田舎で使えるポケットWiFiの選び方【理由は簡単】

初期契約解除の準備は忘れずに

これはもし使えなかった場合の保険として覚えておいたほうが良い部分です。

WiMAXに限らずポケットWiFiでは、端末が届いてから8日以内であれば違約金なしで解約できる「初期契約解除」という制度があり、これを使うことで万が一使えなかった場合にも安心して解約をすることができます。

要するに、クーリングオフのように購入してからすぐであれば、リスクなしでキャンセルできるわけですね。

たとえピンポイントエリア判定が○だったとしても満足のいく速度が出るかどうかは別ですから、初期契約解除という制度があることを覚えておいて損はありません。

やり方はWiMAXのプロバイダによって方法は違うので、以下の記事で確認しておいてください。

ポケットWiFiをすぐに解約したくなった時に便利!初期契約解除の申請方法について

有線接続の準備もしておくのがおすすめ

これは僕の経験則なのですが、田舎でWiMAXを使っていてなかなか通信速度が上がらないときに有線接続でパソコンやゲーム機を使っていたところ、おどろくほどに通信速度が改善された経験がけっこうあります。

僕が何回か試した感じでは、通信速度が平均して10倍近くの差があり、かなりネットが使いやすくなりました。

WiMAXの場合はUSBだけでも直接有線接続できるので、これを使わない手はないです。
USB接続の詳しいやり方や、他の方法については以下の記事で紹介しています。

【爆速】WiMAXを有線接続してみたら速度が10倍になった【やり方も解説】

ネットが安定しない時は自作アンテナを作るのもおすすめ

ネットが安定しない時は自作アンテナを作るのもおすすめ

また、田舎でWiMAXを使うのであれば、自作のWiMAX用アンテナを作っておくのもおすすめです。

田舎のほうでは基地局が少なく、電波が遠かったり弱かったりしてネットが使えないケースが多いです。

なので、少ない電波を自作のパラボラアンテナの代替品のようなもので収集できれば、田舎でもある程度は安定して使うことができます。

上の画像のものは僕が作ったものですが、恥ずかしいくらいに作りは雑です。
雑なんですが、意外に効果はありました。

もちろんもっとかっこよく本格的に作ることもできますし、家にあるもので1分で作れるので、この機会にぜひ作ってみましょう。

詳しい作り方は以下の記事で紹介しています。

【1分でできる】WiMAXのアンテナを自作して通信速度を増加させる方法【紙皿&アルミホイルでOK】

田舎で確実に使いたいのであれば別の回線を選ぶのもアリ

田舎で安全に使いたいなら別の回線を選ぶのもアリ

今回はWiMAXを田舎で安全に使う方法について解説しました。

田舎でWiMAXを使ってる僕がこれを言うのも何なんですが、確実に使いたいのであれば田舎で繋がりやすい回線を選ぶのもおすすめです。

というのも、WiMAX2+回線は4つのキャリアの中でも田舎地域の基地局数が少なく、電波が届きにくい可能性が高いからです。

田舎でも電波が届きやすいサービスとしては、SoftBankのLTE回線を使ったNEXTmobileや、今話題のトリプルキャリアに対応したどんなときもWiFiなどがあります。

特にトリプルキャリア対応のポケットWiFiは、3大キャリアの回線が全て使えるので田舎でも安心して使うことができます。

WiMAXはどうしても田舎では電波が弱い傾向にあるため、もしWiMAXに特にこだわりがないのであれば、こうしたポケットWiFiを選ぶのも1つの手です。

【失敗しない】田舎で使えるポケットWiFiの選び方【理由は簡単】
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
小林

小林

もともと光回線を使っていましたが、ポケットWiFiのほうが料金含めて様々なメリットがあることが分かったため、半年前にWiMAXに乗り換えました。 今でもレンタルWiFI使ったりして色んなポケットWiFiを試しています。 ゲームも好きで、暇があればスマホをいじってたりします。

-WiMAX

Copyright© Wi-Fiネット , 2020 All Rights Reserved.